もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まんぷくでぇす」 じいじ・ばあばの声

まんぷくでぇす 作・絵:長谷川 義史
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784569684550
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,784
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おなかいっぱい

    まんぷくでぇすと言いながら、次々と食べ続ける不思議な家族の
    お話でした。
    次はなになに?と気になるメニューですが、
    カレー食べた後で、みんなの服装が、エキゾチックに変化しているのですね。
    おもちのあたりでは、言葉遊びというのか、ちゃんと食べていないような雰囲気です。
    おうちに帰る前は、みんな太ってる?食べ過ぎて、気持ち悪そう。
    見ているだけで、満腹になりました。

    投稿日:2017/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 満腹

    私もやっぱり満腹になるまで食べるので、太ってしまいます。家族三人で次から次へ外食が羨ましいかぎりです。他所の食べ物が気になるらしく身体をそらして見ている子ども達が印象に残りました。私のそのくちなので苦笑しているところです。「まんぷくでぇす」と言って次に行くのがわかるだけにやっぱり笑ってる私です。それにしてもよく食べました。随分太ってしまってますが、原因がわかっても止められない気持ちがわかります。とても楽しい長谷川義史さんの絵本大好きです!

    投稿日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食事の優位が逆転?

     「パンやのろくちゃん」がすっかりお気に入りで、「美しい絵本」に見向きもしなくなった昨今、ならばこの本はどうだと・・。
     案の定、お気に入りに。
     なにしろ、「○○ちゃんちのごはんは、レストランなの」が自慢?で、小さいときからレストランごっこが大好きだった4歳孫娘。
     初めのページあたりは、「そうそう」という感じでしたが、途中からは、「あまりの」レストランやさんに度肝を抜かれ、最後に、「やっぱり うちでたべる ごはんが いちばん」で安心? したかな。
     こころなしか、レストランと家庭の食事の優位が逆転? したかな。
     サイコロ買って、「すごろく」も楽しみました。

    投稿日:2006/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット