まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

14ひきのぴくにっく」 その他の方の声

14ひきのぴくにっく 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年11月
ISBN:9784494006731
評価スコア 4.78
評価ランキング 444
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっと 暖かい春が訪れました

    この絵本は 春の野原らを14匹の家族が楽しいピクニックへ GO!

    えながのあかちゃん(知りませんでしたから調べてみました)

    野原の花や草木が 春を告げてくれて なんだか 14匹の家族と一緒にピクニックしている気分ですね

    春の花 すみれ ふでりんどう やまぶき ほとけのざ 
    なんてステキな 描き方でしょう  草花の目線で描かれていて 
     こうした目線でみることのゆたかさ 
    いいですね〜

    美味しいお弁当たべて  青空の下で楽しく踊っている 14匹の家族のなんて 幸せなこと 
    ほのぼのした 優しい気分になりますね

    いわむらさんの人柄が感じられます

    投稿日:2013/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春のぴくにっくはたのし

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    寒い冬がすぎ、太陽が柔らかくあたりぽかぽかとこの絵本を読んでいるだけで気持ちよくなります。春のピクニックです。10匹の兄弟におじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさんで14ひき、この14ひきがとことこあるいてピクニックするだけなのですが、まわりの植物が、空想上で描かれたものじゃなく、実際に春の野原にある植物だから、植物の学習図鑑としても使えるのじゃないかな。姪っ子にも寝る前に読んであげて、日曜日晴れていたらこの絵本を持ってピクニック(姪っ子お手製おにぎりと卵焼きです)に連れて行ってくれるそうです。ちょっと怖くて(料理が・・・)楽しいピクニックになればいいなとおもっています。

    投稿日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い!!!

    14ひきのシリーズは大好きで小さい頃にいつも読んでいました。
    ねずみがとても可愛いし、絵を見ているだけで面白いです。
    シリーズがいっぱい出ているので、全部読んでみるともっと面白いですよ。
    14ひきがみんなで色々な事をするのですが、絵もとても丁寧に描かれているし、水彩の絵がとてもいいです。
    ねずみとか小動物が好きなので、小動物が絵本に出て来ると、感激してしまいます。

    投稿日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひき家族が教えてくれたこと。

    • ぴあのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    大家族って素敵、兄弟がたくさんって素敵、自然がいっぱいって素敵。

    ほんの少し前までは、日本でもこんな風にのんびりと自然の中を家族みんなで、楽しんでいたはず。核家族になり、少子化にも歯止めがかからず、環境破壊も進んでしまった今となっては望めない豊かさがこの絵本の中にはいっぱい詰まっている。
    あの頃に戻ろうとは言わないけれど、この絵本の中にあるようなスローライフも悪くないよってことに気付いて欲しいな。何よりも、心が豊かになれるじゃない。キレたり、イライラすることもなくなるに違いない。
    時間がゆっくり流れれば、気持ちもゆったりする。
    テーマパークなんてなくていい。みんなでおしゃべりしながら自然観察する楽しみを知って欲しい。
    殺伐とした昨今の世の中に欠けているもの、そして、失ってしまったものをこの14ひきの家族は教えてくれているような気がします。

    さあ、手作りおにぎりと水筒を持ってピクニックに出かけよう。

    投稿日:2006/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • フランスでも翻訳され出版されています。

    • だんごむし3兄弟さん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子16歳、男の子12歳、男の子8歳

    フランス滞在5年の任期も終わり帰国する際お別れにフランス語に翻訳された「14ひきのピクニック」をいただきました。
    表現は微妙に異なりますが、世界中の人に愛されている本ということを実感しました。あの繊細であたたかいタッチは、言葉の壁を越えているのかもしれません。

    投稿日:2006/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

14ひきのおつきみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / 14ひきのせんたく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(126人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット