もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ともだちやもんな、ぼくらなかなかよいと思う みんなの声

ともだちやもんな、ぼくら 作:くすのき しげのり
絵:福田 岩緒
出版社:えほんの杜
本体価格:\952+税
発行日:2011年05月17日
ISBN:9784904188118
評価スコア 4.75
評価ランキング 724
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏休みっぽい

    男の子3人がカミナリじいさんに怒られるお話です。

    カブトムシを見つけた時の喜びと同時に、よその家の木に登って怒られる恐怖が上手く融合している内容だと思いました。
    現代にこんなカミナリじいさんがいるのだろうか?と思ってしまいましたが…(笑)

    子ども同士の友情と、カミナリじいさんの本当の優しさが詰まった心温まるオススメの一冊です☆

    投稿日:2011/05/21

    参考になりました
    感謝
    4
  • 試し読みで。

    うちの子は息子なので

    いつかのために・・・と思って

    読んでみました。

    サザエさんにでてくるカツオくんと

    なみへいさんみたいに、

    やんちゃな子供とガミガミのおじいさん・・・

    といった感じでしょうか。

    私としては子供がもう少し

    大きくなったら読んであげたいと思いました。

    投稿日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • これがホントの友達やんか。

    いつも自分勝手なお友達にクラスの男子がこまりゆう。なんとかして自分の行動の間違いに気づいてほしいき、もしもヒデトシ君が彼だったら・・・とおもいました。皆の理想の友達像やね。

    投稿日:2011/10/04

    参考になりました
    感謝
    3
  • 「友情」の大切さを、ユーモアかつ迫力あるイラストで
    とてもわかりやすく伝えてくれています!

    娘が生まれてから、「生きる上で大切なこと」を
    わかりやすく教えてくれる作品を探すようになりました。

    娘が小学生になったら『ともだちやもんな、ぼくら』を一緒に読んで、
    「友情」の大切さを伝えたいと思います。

    投稿日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • わんぱくでも友を見捨てない子になれ

    関西弁のわんぱくな男の子3人組。怒られそうなときに友を見捨てて逃げ出したヒデトシ、、、、残った二人は、ヒデトシを見捨てられなくて怒られに戻る。その勇気は良いですね。

    悪いことをしたら謝る勇気
    苦境のときこそ友だちを見捨てない勇気

    そういうことを学べる本です。個人的には絵がもう少し子供向けだと良かったかも。3歳の娘は絵のせいかそんなには惹かれていませんでした。

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 友達っていいな

    夏休み中の、小学生・男の子三人組が主人公です。
    ラジオ体操に虫取りと、この時期に読んでいても、夏の気分になれるキーワードがたくさん登場したので、あっという間にお話と同じ、夏休みの気持ちになれたと思います。
    友達っていいなと思いましたし、ご近所の「ちょっと怖い人」も、やっぱり必要なんですよね。

    投稿日:2012/12/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • カミナリじいさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    今カミナリじいさんって少ないですよね。
    というより私は自分が子供の時も含め、会ったことが無いです。
    でもやみくもに怒鳴るわけではなく、正しいことで叱ってくれているのでこんなおじいさんはかなり貴重でありがたいです。もちろん道理を説く一番の役目は親で人任せにしてはいけませんが。こんな人いてくれるといいなーと思ってしまいます。
    かくいう私も他人の子どもを叱るってできないです。

    投稿日:2014/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだち だいじ!

    • ランロンさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳、男の子6歳、女の子2歳

    友達っていつも一緒にいて当たり前になってるけど、いざって時にどうなるか、どうするか・・・今まで考えた事無かったけど、自分だったら・・・と、初めて考えさせられたんだと思います。        むずかしかったかも知れないけど、友達を大切にしなくっちゃ〜!と、5歳ながらに思ったんだと思います。
    そして、近所に、こんなカミナリジイさんがいて、おもいっきりしかってくれて、おもいっきり楽しませてくれたらいいな〜と、思いました。

    投稿日:2014/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情に、拍手!

    始終ハラハラしました!
    こんな経験はしたことがないはずなのに、
    まるで男の子3人と一緒に行動しているような・・・。


    カミナリじいさんのような存在には、出会ったことがありませんが
    昔はどこにでも必ずいたのだと 聞いたことがあります。

    理由があって叱るわけですから、
    子供たちには恐怖でも、きっと必要な存在ですよね。

    途中のハプニングは、実際にありそうなリアルな出来事・・・。

    笑っちゃいけないけれど、
    2人が想像しているヒデトシの泣き顔がすごい・・・!

    こんな顔で泣いていると思ったら、
    助けにいくしかない・・・かな?

    3人の友情に、私も拍手を送ります!

    投稿日:2013/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / キャベツくん / なにをたべてきたの? / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット