虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いまなかなかよいと思う みんなの声

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま 作:神戸 光男
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784494012343
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,525
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争から今へ

    ある「はらっぱ」の移り変わりが、描かれていました。
    同じ場所を、同じ目線で見るのですから、その変化がはっきりとわかりますね。
    戦争から現代へ・・・
    絵だけ見ても、時代とともに風景もどんどん変わっていったと思います。

    投稿日:2014/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供と一緒に見て考える本。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    我が子は戦争を知らない。
    耳にもあまりしていません。
    でもやっぱり知って欲しい。
    戦争があった頃の話。まだまだ理解するのは難しいかもしれません。
    絵も暗いですから、興味もわかないかもしれません。
    一緒に本を開いて、昔はこんなんだったんだね。
    と、一緒に考えていかないと、退屈するかも。
    忘れてはならない、日本の歴史。
    子供と一緒に考えていきたいです。

    投稿日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争と平和について、語り合ってみよう!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    戦争の絵本を探して読むようにしています。(いつか、絵本ナビでも特集をくんでいただきたいです。)

    細かい描写でおなじみの西村繁男さんが、はらっぱを描いてます。戦前、戦中、戦後60年に渡って、同じはらっぱの移り変わりを描いているのです。

    大空襲のシーンと一面焼け野原のシーンは、子供たちの心につきささるようです。
    戦争と平和について、語り合うきっかけにもいいと思います。

    ただ、キャンプ場の薄暗いテントの中で読んだので、細かい絵をじっくり眺められなかったのが残念です。

    投稿日:2004/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット