チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 10番地 スタンプに来た手紙」 その他の方の声

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 10番地 スタンプに来た手紙 作:エミリー・ロッダ
絵:たしろ ちさと
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2011年04月30日
ISBN:9784751526002
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,577
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなが主人公 受賞レビュー

    1番地からスタートして、ついに10番地まできてしまいました。

    まだ、チュウチュウ通りの仲間たちの物語を読んでいたくて
    「11番地から先も出来たらいいのになあ」なんて思いながら、
    ゆっくりゆっくりと読みました。

    最後の巻は、郵便屋さんのスタンプが主人公です。

    自分のところにだけ手紙が届かないことに悩んでいたスタンプは、
    ある方法を思いつきますが・・・。


    思いもよらない展開に、オロオロしてしまうスタンプ。
    そこに、仲間たちがやってきます。

    手を差し伸べる、というよりも
    肩を組んでお互いを支え合うようなこの関係が 素敵だなと思いました。

    騒動が収まった後に登場したのは、
    ゴインキョのチーズに、チャイブのチュウチュウ・スペシャル、
    それから、フィーフィーのグリーンベリー!

    ああ、そうだそうだった・・・と、
    今まで読んだ物語を思い出しました。

    そして、最後のページで みんながみんな幸せそうな姿を見て、
    本当に「すばらしいなかまたち」なのだなと感じました。

    この「チュウチュウ通りシリーズ」は、みんなが主人公です。
    人生にきっと意味があるように、
    物語のひとつひとつに、意味があります。

    もしかするとこの本は、
    大人が読んでこそ、大切なことに気づけるのかもしれません。

    子どもの頃に読んでいたなら尚更に、
    「大人になったなあ」なんて、感動できるのかもしれません。

    きっと何年たっても 色褪せない物語です。

    投稿日:2015/01/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • 手紙は楽しくなきゃ!

    懐かしい〜!!自分も小学生の頃、文通してました!
    スタンプと一緒で、雑誌に掲載されてたくさん手紙が来たことも…

    もう楽しくて楽しくて手紙がくるのが待ち遠しくて、郵便屋さんになりたかったくらい!(笑)

    でもスタンプはいつも手紙を配る側だから、もらう側の気持ちを知らないんですね…。

    確かに、毎日顔を合わせる人や話をする人にはなかなか手紙は書かないですものね。
    それに知っているひとからというのは、なんだか気恥ずかしいし。

    手紙が毎日山のように届いて、返事を出すのに追われて、スタンプはもううんざり…。
    私も経験あります…。

    手紙はたまにくるからいいんですよね。
    特別な日に貰うだけで十分です。

    毎日大好きな友達に会える方が、ずっといいですよ!

    投稿日:2015/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ち分かる!

    いつもみんなのおうちに手紙を届けている郵便屋さんのスタンプ。でも、どうして僕には手紙が届かないんだろう。。。少し寂しく感じたスタンプはペンフレンドを募集する広告を新聞に出すことに。すると。。。
    最初は2通だった手紙がどんどん増えて、仕分けをするネズミさんが嫌になるほど大量になってしまいます。

    手に負えないほどの手紙が届いてあたふたするスタンプを心配して、チュウチュウ通りの仲間たちが様子をみにきてくれました。

    最初は意地をはるスタンプですが、みんなの顔をみて、とうとう打ち明けるのでした。
    「ほかのみんなみたいに、僕も手紙がほしかっただけなんだ」

    スタンプに手紙がこないのは、毎日顔を合わせていて何も書く必要がないからよと、抱きしめながら勇気付けてくれるセーラちゃん。

    ペンパルたちへの返事を書くのを、仲間たちが手伝ってくれて一件落着!
    本当に頼りになる仲間たちです。
    心が温かくなりました。

    私も一人暮らしをしていたとき、ポストの中をみて何も入っていないと、とても寂しい気持ちになったことを思い出しました。
    でも、ちゃんと周囲の人々とコミュニケーションをとっていれば手紙なんて必要ないんですね!
    それに「便りがないのはいい便り」というように、遠方の友人たちもきっと元気にやっているのでしょう。

    大事なことに気づかされるお話でした。

    投稿日:2015/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だいじょうぶだいじょうぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット