話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

まどのそとの そのまたむこう」 パパの声

まどのそとの そのまたむこう 作・絵:モーリス・センダック
訳:わきあきこ
出版社:福音館書店
本体価格:\2,000+税
発行日:1983年4月20日
ISBN:9784834009118
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,149
みんなの声 総数 35
「まどのそとの そのまたむこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宗教画のような精緻な絵が絶品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    モーリス・センダックの作品で、1982年にコールデコット賞オナー賞を受賞しています。
    「かいじゅうたちのいるところ」でコールデコット賞を受賞したのが1964年ですから、本当に息の長く、最高の絵本作家と言われるのも頷けます。

    それにしても、作者名を隠されたら、とてもセンダックの作品だとは思えません。
    実に多くの描き方が出来るものだと感心してしまいます。

    お話は、パパは海、ママは東屋、そして、主人公のアイダは赤ちゃんのおもりという設定で始まります。
    そこに、ゴブリンが現れて赤ちゃんをさらってしまい、アイダが連れ戻しに追い駆けるという不思議な物語です。

    描かれた絵は、西洋の宗教画のようで、好きな人は好きだけども、受け付けない人もいて好みが分かれるものです。
    好きな人にはたまらないはずで、この絵だけで絶賛する人は多いことでしょう。

    一つ一つの絵が、何かを象徴していると思うのですが、自分の理解の及ばない部分もあって、評価の難しい絵本です。
    おそらく、モチーフにした原点があるはずで、とても深い作品であるということに間違いはありません。

    まだ自分が正確に評価できるまでに至っていないので、今回は四星としますが、時を改めて評価したいと思わせる作品です。

    投稿日:2009/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緻密な絵は綺麗を通り越して美しい!

    パパは海へおでかけ、ママはあずまやにいます。
    アイダはお部屋の中で、妹の赤ちゃんのお守をしています。
    赤ちゃんの方を見ずに、ホルンを吹いていました。
    すると、ゴブリンがあかちゃんをさらっていってしまいます。
    赤ちゃんの代わりにゴブリンが氷で出来たあかちゃんの人形を置いていきます。
    抱いてみると氷の赤ちゃんは解けてしまいまい、赤ちゃんがさらわれた事に気づきます。
    救いに行くため、『まどのそとのそのまたむこう』へ行く・・・といったスト−リ−。

    センダックの作品『かいじゅうたちのいるところ』と『まよなかのだいどころ』は娘の超お気に入り。
    この2冊は一人で読んでいたり、読んでぇ!っと頻繁に持ってきます。
    そんな娘の姿を見て『まどのそとの そのまたむこう』もぜひ読ませてやりたいと思い、購入しました。
    またもや独特な不思議の世界へ入っていました。
    表情が上手く表現されていて、そういった表情を読みとった娘は「赤ちゃん、なんで泣いているんだろう?」とか言っています。
    事細かに描かれた緻密な絵は綺麗を通り越して美しい!という表現になるかと思います。
    奥が深い絵本で子供のみならず、大人も楽しめます!

    投稿日:2003/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット