なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」 その他の方の声

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画 監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
本体価格:\2,000+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784938595555
評価スコア 4.76
評価ランキング 687
みんなの声 総数 20
「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絶対買う!

    めっちゃイイ〜(^^)
    鳥獣戯画最高!!!!!
    辻さんってところが
    コドモだけの本らしくなくて
    めちゃめちゃよいと思います。
    こんな本で美術の勉強したら
    オトナもコドモも
    漫画のことはモチロン、
    寺とか歴史とかにキョーミをもつのでは・・・?
    毎日寝る前にながめたい!!!!!

    投稿日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 驚いたと同時に

    言葉のついていない絵巻を見て、
    研究・想像し、話をつける・・・。

    人の想像力はすごいな、と思いました。
    言葉がついていないぶん、いろいろな解釈があるというのも面白いです。

    私はうさぎが好きなので、
    この本はたまりませんでした!

    絵巻というと古臭くて堅苦しいイメージがあったのですが、
    いざ開いてみると「可愛い!面白い!」と、楽しめました。

    何百年も昔の人がこれを描いたのかと思うと
    「すごいなあ」と驚いたと同時に、親近感を感じました。

    投稿日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳥獣戯画

    • 風祭さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    だいたい、漫画、アニメ系の専門学校などへ行くとこちらの「鳥獣戯画 」は漫画などの元祖と紹介されますね。

    このようにアレンジして絵本にして貰うと、現代的な感覚で理解が可能になり、原本のままで読む(観る)より、さらに身近に感じられる。

    これを手にとる、子供たちも、気軽に伝統的な日本文化に親しむきっかけとなる良い絵本のひとつだと思います。

    大人の感覚としては、日本には、けっこう、いろいろな古典的物語や、仏教説話の面白いものが、ありますが、こうして現代的にアレンジして、おおきな図版で観れる、こちらの絵本のようなものがあったら良いな、と感じました。

    投稿日:2013/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット