虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

パパのしごとはわるものです」 みんなの声

パパのしごとはわるものです 作:板橋 雅弘
絵:吉田 尚令
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784265070473
評価スコア 4.3
評価ランキング 15,173
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

  • お父さんと読みたい絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子3歳

    お父さんの仕事を知りたくてこっそり見に行った男の子。そこでパパが悪役レスラーだということを知ります。初めはいやだったけど、悪役が必要な存在だと知り、少し認められたようです。
    お父さんの仕事に興味をもつきっかけになる絵本かもしれません。

    投稿日:2018/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパのお仕事

    親の仕事は何かを調べる宿題って現実でもありそうです。
    ただ、親がレスラーなのは珍しいです。
    このお仕事で、善悪をつけて応援している姿にちょっと矛盾を感じてしまいました。
    レスラーなら、善悪をつけなくても、純粋な技やパワーで魅せれば十分ではないかと・・・。
    とある漫画で、子供向け番組の悪役をしている俳優のパパというパターンを読んだことがあったので、そう思ってしまったのかもしれません。

    投稿日:2018/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパは悪者でもカッコいい!

    パパは、悪者!

    その事実を知ってしまった子供の気持ちを思うと切ないです。

    悪者であるパパがやっつけられて、みんなが喜んでいるのも、小さな子供の胸に突き刺さると思います。

    でも、パパ自身が自分の仕事を誇りを持ってやっていて、それを自信を持って子供に説いているのが、カッコいい!!
    子供にはまだ難しいかもしれないけど、そんな自信に溢れたお父さんの説明に子供も安心したはず。信じていいって思えたはず。

    とっても素敵なお話でした。

    わたしもそんな親になりたいです。

    投稿日:2018/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっつけられるのはつらいけど

    自分の父親の仕事が何なのか?
    小学生位になると、学校の作文であったり、
    社会の授業などで、仕事というものについて学んだりすると思います。
    この本の主人公も、きっかけはそんなものだろうと思います。

    では何故、父親に直接聞かなかったのでしょう?
    そこがまず一番の疑問です。

    世の中の父親の大半は、スーツや制服、作業着などを仕事に使用するから、
    ジャージで出歩く父親に、仕事について聞けなかったのでしょうか。

    「わるもの」の仕事をしている父親にとって、
    息子の疑問に答えるのは、なかなか難しいかもしれませんね。

    でも息子は、父親の仕事について、
    自分なりに感じるところがあって、
    誇りに思える気持ちがちゃんとあるように見えるので、
    普段の父親がきっと尊敬出来る人間なのだろうと感じられました。

    投稿日:2018/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非親子で!

    パパの仕事ってどんな仕事だろう。

    ほとんどの子供がパパの仕事の現場を

    しらないと思います。

    パパがヒーローならかっこいいですが

    わるものレスラーだったらどうでしょう。

    人として悪者なのではなく

    パパは一生懸命仕事をしているだけだと

    いうことをいつか分かる日がくるんでしょうか・・

    どんなお仕事をしていてもパパは

    みんなにとってかっこいいパパであってほしいです。

    とても奥が深い絵本でした。

    投稿日:2018/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • わからないけど…

    パパについて調べる宿題がでたので、ぼくはこっそりパパの車に乗りこんだ。パパの仕事を知らなかったから…
    するとパパは、プロレスラーの悪役だったのです。

    絵は分かりやすくて、迫力があって、ストーリー展開にマッチしていて、とてもいいなと思いました。

    ただ、ストーリーに無理があるのが残念な気がしました。
    車に忍び込んで見つからない?子どもが一人で観客席に入れる?
    あと、大事なところで、わからないけど…というのが、子どもには、分かりにくいような気がしました。

    投稿日:2017/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動しました

    こっそりパパのクルマにのりこんだぼく。
    そこには、普段とは違う「悪者」のパパの姿が・・・。

    親がどんな仕事をしているか理解している子供は多くはありません。
    でもどんな仕事も仕事である以上誰かの役に立っています。
    親の仕事を理解するのには、自分も大人にならないと分からないかもしれませんが、誰かの役に立つためにお仕事を頑張る父親の仕事はどんな仕事であっても格好いいと思いました。
    多くの子供たちに読んでもらいたい絵本です。

    投稿日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパが悪者だと知った時の葛藤‥

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    ヒーローもののわるものかと思いきや、プロレスでの悪者。ヒーローがかっこよくヒーローでいるためにと頑張るパパの話を聞いて、パパが悪者な悲しみと悔しい気持ちをおさえ、パパを認めようとする男の子の葛藤が伝わってきました。

    投稿日:2017/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕事への興味を持つきっかけに

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    NHKのテレビで読まれていて
    面白いなあと思い、
    4歳の子に読みました。

    読み終わった後、
    「ぼくもパパのお仕事行きたい」
    「パパなにしているの?」
    とパパの仕事へ関心を持ち、
    パパの仕事のことを話したり、
    私もくわしく知らないことは
    「今度パパにどんなことをしているのかきいてごらん」と促したり、
    パパが働いてくれていることへの感謝もできました。

    ついでに、
    「ママはぼくが幼稚園にいっている間、どんな仕事をしているの?」
    と主婦の私にも聞いてくれ、
    いろいろ話ができてよかったです。

    投稿日:2016/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父親の本心は?

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     父親って、案外小心なんです、子どもにね。
    悪役とヒーローと、仕事と考えればどちらも◎です。
    それを理解している父親ですら、
    いざ子どもの前に立てば、何か言われるだろうことを
    ビクビクと恐れるているものです。
    たとえヒーロー側でバリバリ働いていてもです。

     むしろこの絵本のいいところは
    お風呂場での何気ない、親子の裸の姿ではないでしょうか。
    くらしの中でウソなく、話し合えている雰囲気を感じます。
    秘密はあってもいいと、私は思います。

     子どもからすれば「何かいいよね」だとしても
    父親からすれば「やはりちょっとね」ですね。
    真ん中とって「フツー」ということにいたします。
    作・絵の両作者に、感謝。

    投稿日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おじいちゃんがおばけになったわけ / うんこ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット