話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

うさぎのくれたバレエシュ−ズ」 じいじ・ばあばの声

うさぎのくれたバレエシュ−ズ 作:安房 直子
絵:南塚 直子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1989年
ISBN:9784338069113
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,617
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森の靴やさんで

    安房 直子さんの作品は美しいですね。
    バレーが少しも上達しないけれど、踊ることが大好きな女の子のもとに
    届けられたのは、桜の花びらのような薄ピンク色のバレーシューズでした。
    森の中の桜の木のうろに、その靴屋さんがいました。
    女の子に、風のように、花びらのように、蝶のように軽やかに踊ることを教えてくれた、不思議なバレーシューズのお話。
    情景がとてもきれいです。
    ウサギたちの楽し気な声、青い空、乱舞する桜の花びら。
    夢のような美しいページが印象的な絵本です。

    投稿日:2018/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的なストーリー

    タイトルにも覚えがあり、
    絵本も読んだことがあるような気がしていたのですが、
    読んだことがあったのか 初めてだったのか、
    私には印象に残りにくいストーリーでした。
    うさぎ、バレーシューズ、ピンク色、
    女の子向きの絵本に仕上がっているように思います。
    幻想的なストーリーで
    絵本というより 物語という言葉の方が
    ピッタリ合うような気がしました。

    投稿日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎバレー団

    うさぎバレー団の30人のうさぎさんと踊ったことで自信が出来た女の

    子の物語です。女の子の夢がいっぱい詰まっていてとても感動しました

    努力して大好きなバレーを諦めないで踊り続けて上手くなるために練習

    を頑張った女の子だからこそ、上手く踊れるようになったのだと思いま

    した。満開の桜の樹の下で踊る女の子の楽しそうで優雅なバレーが素敵

    でした。

    投稿日:2010/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット