話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

うさぎのくれたバレエシュ−ズなかなかよいと思う みんなの声

うさぎのくれたバレエシュ−ズ 作:安房 直子
絵:南塚 直子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年
ISBN:9784338069113
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,518
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とってもかわいらしい絵で、女の子向

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    バレエが大好きなのに、なかなか上手になれない女のこの元に、うさぎの靴屋からトウシューズが届いて・・・最後には、軽やかに踊れるようになってしまうお話。
    何ともいえない、優しく、柔らかく、あたたかい絵で気持ちまでほんわかしてきます。うさぎ達と踊るシーンは、特に素敵でした。
    バレエを習っている子が読んだら、絶対大喜びしそうな絵本です。
    私は、テニスをやっていて、好きだったのに上手くなれなかったので、うさぎの靴屋さんにテニスシューズを届けてもらいたかったなー。でも、あんまり絵にならないと思うけど・・・。

    投稿日:2004/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な絵と夢の世界観

    バレエに憧れている6歳娘が好みそうなので図書館で借りて読みました。とにかく絵がとても可愛らしくて、キラキラ、可愛いものが大好きな娘も気に入った様子でした。たくさんのうさぎたちが踊るシーンが特に好きです。

    投稿日:2019/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なファンタジー

    自分自身が小さい頃に読んで、印象強く残っている本です。
    山の中でうさぎがバレエシューズをつくってくれていて、そのバレエシューズをはくと軽やかに踊れるという幻想的な状況にとてもワクワクしたのを覚えています。絵が不思議で幻想的なストーリーを表現していて、素敵な世界観をつくりあげてます。

    投稿日:2015/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜色が綺麗な絵本!

    5歳幼稚園年中さんの娘がおじいちゃんからいただいた絵本。
    女の子らしいイラストに,おじいちゃんが選んで買ってくれました。
    桜色がとても綺麗な絵本で,春に読むにもぴったりです。
    バレーを習っていない子供も十分に楽しめました。
    また読んであげたいと思いました。

    投稿日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    娘が、絵にひかれて購入を決めた本です。

    バレエがなかなか上達しない女の子が主人公。ある日、トウシューズをプレゼントされ、それをくれた人を探すと、なんとうさぎさん。その、うさぎの靴屋さんはうさぎバレエ団のためにトウシューズを作るので、女の子も協力します。みんなで仲良く、出来上がったシューズで踊るうちに上手になっていく女の子。

    幻想的な絵のままの内容で、幻想的なファンタジー絵本に出来上がっています。バレエ、ピンク、桜、うさぎ、、、ときては、大概の女の子は気に入りそうですね!娘もとっても気に入って、何度も読んでいました。

    投稿日:2014/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の憧れ

    私が子供のころ、家にあった絵本です。
    懐かしくて、つい買い直してしまいました。

    私自身はバレエを習っていなかったので、正直なところ、当時この絵本はピンときませんでした。
    娘は夏休みにバレエの短期教室に行った流れで、この絵本にも興味を持ってくれたようです。

    大人になった今改めてこの絵本を見ると、素敵な絵で惚れ惚れします。

    かわいいうさぎに、ピンクの桜、バレエシューズを履いて、きれいな衣装を着て、くるくると優雅に踊る…。女の子の憧れがいっぱい詰まった絵本ですね。
    バレエを習っている子には特におすすめです。

    投稿日:2012/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子が好きな絵本

    表紙を見ただけで「これ、読みたい」と、娘の心をつかみました。
    女の子が、好きな絵本でしょう。

    主人公は、バレエを習っている女の子。
    あまり上手ではないけれど、「バレエが大好き」という気持ちが伝わってきて、応援したくなりますね。

    投稿日:2012/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一種の通過儀礼かな

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪10歳

    ちょっと賢治のセロ弾きのゴーシュに似ている感じがしました。ゴーシュも動物たちの力を借りて、セロがうまくなる話でした。

    この主人公の女の子は5年もバレエがうまくならない。たんじょうびにもたなばたさまにも祈ってもうまくならない。でも本当は何か心の中で屈折があって、バレエも少し嫌いになって、上手になる=ジャンプする自信がなかっただけじゃないかな。そんなおり小包でぴんく色のバレエシューズが届きます。ここから少しづつファンタジー領域に近づいていきます。うさぎの靴屋さんでシューズをつくって、うさぎたちと踊る。ファンタジー最高潮!! でもそれは心の中で生まれたファンタジーだと思います。一種の夢のようなファンタジーで通過儀礼をとおして主人公が成長したのだと思います。

    投稿日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細

    繊細な絵がきかたの表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。桜の花が可憐で美しかったです。ロマンチックなストーリーにうっとりしました。主人公が人のために自分の貴重な時間を使ったからこそ素晴らしいダンスを習得できたのだと思いました。主人公がウサギ達と一緒に踊っている場面は本当に幸福そうで素晴らしかったです。

    投稿日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れ

    バレエの好きな女の子とうさぎ達のお話です。

    子どもの頃に読んだ時、主人公の女の子に憧れの気持ちを抱きながら呼んでいた事を思い出しました。
    自分の好きな事に打ち込もうとする姿って、とても素敵だなぁと思います。
    優しいイラストのタッチで、心が温まるお話です。

    是非、女の子に読んで欲しいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / スーホの白い馬 / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / はるじゃのばけつ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット