貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

トマトさん」 じいじ・ばあばの声

トマトさん 作・絵:田中 清代
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022131
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,756
みんなの声 総数 146
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真っ赤に熟れたトマトさん

    とってもおおきな、熟れたトマトさんの、表情が
    身体がずしんと重くて暑くてやりきれないよう!
    という感じ。
    ミニトマトさんが気軽に泳いだり浮いたり楽しそうです。
    トマトさんのまわりに、トカゲさん、亀さん、ありさんなどたくさんお友達がいて、ひと泳ぎの後のお昼寝タイムが、夏の午後の涼しそうな感じがいっぱいでした。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • じゃっぷーん!

    「じゃっぷーん」と水の中に入ったトマトさんの絵がとても爽やかで

    嬉しそうで幸せの顔がたまらなく好きです。

    水の飛沫もとても上手く描かれていると思いました。

    念願がかなった顔って周りまで幸せにするのですね。

    水に中が気持ちよくって満足な顔って読んでいる方にも伝染します。

    笑顔って、周りまで幸せになれます。

    ありさんが、トマトさんの叫びに気づいてよかった。

    本音を言うことも大切なんだと学ぶ絵本でした。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット