話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

くうきなかなかよいと思う みんなの声

くうき 作:まど・みちお
絵:ささめや ゆき
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,980
発行日:2011年05月
ISBN:9784652040959
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,978
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5月の清々しさ

    まど・みちおさんの少し哲学的な詩を絵本にした作品。
    題材は、とらえどころのない「くうき」。
    まど・みちおさんがとらえた「くうき」は、生き物のなかを巡り巡る空気。
    この視点は新鮮です。
    さらに、5月の新緑の中に、その存在を切り取ったところがすごいと思います。
    そして、生き物たちのつながりへと終焉していくのですから。
    ささめやゆきさんの、素朴な絵が、この世界観に寄り添っています。
    5月、深呼吸して味わってほしいです。

    投稿日:2021/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「なんじゃそりゃ」

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    空気が他の人や生きものが吐いたものが
    自分の中に入ってくるという言葉に
    8歳児は「なんじゃそりゃ」と
    ツッコミを入れながらも
    納得しているようでした。

    最後に詩がまとめて書かれていたのを見て、
    「ええ〜っ、これ詩だったの?」
    と言っていましたが、
    私は作者を見て読むので
    詩かなと見当つけて読みますが、
    子どもは何も思わずに聞くと
    どのように感じながら聞く(聞ける)のか
    ちょっと気になりました。

    投稿日:2020/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット