季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

この世界いっぱい」 その他の方の声

この世界いっぱい 作:エリザベス・ガートン・スキャンロン
絵:マーラ・フレイジー
訳:長田 弘
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2011年04月
ISBN:9784893095114
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,873
みんなの声 総数 23
「この世界いっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この絵本を読んでもらいました。(読んでもらうのもいいものですね〜)
    長田さんの訳は詩的ですし・・・・
    マーラー・フレイジーさんの絵は、生活感があり 大らかなアメリカの大地の広がりがあり 自然の中で生きる人間の喜びがあふれています

    作者の思いが あなたと わたし 愛しあってみんな生きてれば 争いも起こらないでしょうね!
     
    希望すること 平和であること 愛すること 信頼すること ラストの絵は 宇宙の広がりを感じました!
     
    今 地球上に生きている人間が 作者の様に願うならば 争いのない地球になるでしょうね 
    ーこの世界 いっぱい   わたしたち みんなー
     
    表表紙の 青い空   白い雲   青い海 そこに 後ろ姿の子供がいる 平和ですね〜 
    心をこめて 伝えていきたい 絵本ですね(大人にも 子供にも)

    投稿日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人向け

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    自然の中で生きるヘルシー一家みたいな家族を中心に描いた絵本なのかと思っていましたが、そうではなさそうです
    絵本の文章は「詩」で構成されていて、イラストにも流れがありました

    雨の後のレストラン、二人乗り自転車・・・・あれ、親戚・いとこ?

    文章とは別な絵そのものの物語も根底にありました

    読み物としては深いかな〜大人向けかもしれません
    何度か続けて読むことをお勧めします

    新しい発見があります

    投稿日:2011/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット