話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

おとうさんの手」 パパの声

おとうさんの手 作:まはら 三桃
絵:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2011年05月24日
ISBN:9784061981805
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,196
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙の絵が最高です

    内容も良いのですが、表紙の絵が最高です。
    お父さんの手を抱き寄せて、とても安らいだ表情の女の子。
    お父さんの手は魔法の手なのです。
    話を読んでいくと、お父さんの魔法は手だけではなく、耳でも、鼻でもかおりちゃんをびっくりさせます。
    かおりちゃんが赤ちゃんの頃、お父さんは車の事故に会って目が見えなくなってしまったのです。
    目は見えないけれど、お父さんはかおりちゃんが帰ってくるのも、給食で何を食べたかもわかっているのです。
    足音、匂い…。
    そのことを知って、かおりちゃんはますますお父さんが素晴らしく思えてきます。
    目の見えないお父さんは、鍼を打ちます。
    目が見えなくても、どこに鍼を打てばよいのかもわかるのです。
    話を読み終えて本を閉じたら、また表紙の絵が目に入ります。
    安心しきった女の子の絵。
    私も魔法の手を持ちたいものです。

    投稿日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット