オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

おとうさんの手自信を持っておすすめしたい みんなの声

おとうさんの手 作:まはら 三桃
絵:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2011年05月24日
ISBN:9784061981805
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,046
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんの手の温かさ 

    お父さんは事故で 目が見えなくなったんです

    目が見えなくても  分かるんです
    私の臭い  
    お父さんは分かるんです

    お父さんは 針治療の仕事をしています  隣のおばあさんの 針治療を見ていると 針を刺したら いたいだろうな〜
    そう思うよね

    お父さんの手は 平べったい 小石のような かたい手
    雨が降るのも 分かる お父さん  
    とぎすまされた 感覚を持っているのですね
    あめの音を聞いて お母さんのことを 心配している 優しいお父さん
    お父さんの手をにぎっている  わたし なんて 温かいのでしょう

    お母さんが 帰ってきた  

    家族愛が感じられて じーんときました

    長谷川さんの 挿絵は とっても 優しいんです 

    投稿日:2019/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • しずかな温かさが伝わる

    娘の中学の国語の先生が
    著者のまはらさんの本を勧めていたと聞き
    この本を読んでみました。
    もう少し長編の児童書などにも定評がある方のようです。

    どんな本か予備知識のないまま読み始めましたが
    中途失明の視覚障碍者を父に持つ女の子のお話でした。
    私自身、視覚障碍者向けのボランティアを熱心にしているので
    そのお父さんが、音やにおいに敏感に暮らしている様子を
    とても身近に感じました。

    障害を扱った本だけれど
    かわいそうな感じはなく
    おだやかに静かに営まれる日常が
    とてもあたたかく感じられます。

    何気ない日常、雨の音、鳥の声・・そんな小さな幸せは、
    それを感じる心を敏感にすることで
    大きな幸せに変わる・・。
    とてもさわやかな読後感です。

    投稿日:2019/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私たちがどれだけ眼に見える情報に頼っているかが分かる。

    • ムスカンさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子12歳、女の子8歳

    主人公の女の子かおりちゃんと、目の見えないお父さんのお話。
    かおりちゃんは、お父さんは目が見えないのに
    どうしてかおりちゃんが帰ってきたのが分かるのか不思議です。

    給食のにおいがしたからと答えるお父さんと、
    自分のにおいをかいでみて笑うかおりちゃん。

    何気ない日常の一コマが、とっても丁寧に描かれています。

    目が見えないけれど鍼灸師として働くお父さん。
    耳、鼻、手触り、すべての感覚がとっても研ぎ澄まされていることが、絵本からヒシヒシと伝わってきます。

    最後は、お母さんが帰ってくるところで物語は終わります。

    私たちがどれだけ普段眼に見える情報に頼っているかが
    思い知らされる一冊です。

    触覚、嗅覚、聴覚。
    視覚以外の感覚も、大事に、大事にしていきたいですね。

    投稿日:2019/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かな挿絵

    6歳の娘が自分で選んで図書館から借りてきました。長谷川義史さんのなんとも温かな挿絵が印象的です。
    事故で目が見えなくなってしまったおとうさんと、その娘さんかおりとの何気ない会話でなる物語。目が見えなくても、音や匂いでいろんなことを感じるおとうさん。手の感覚で鍼の治療もします。
    そんなおとうさんの手を、そっと手にするかおりちゃん。尊敬や愛情やいろんなものを感じたのだと思います。素敵なシーンでした。

    投稿日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしさが聴こえてきます♪

    「おかあさんの手」を読んだから
    こちらも・・・

    家の光童話賞を受賞した作品のようで
    『きこえてくるよ』を改題したそうです
    私は、そちらの方がぴったり!と
    感じました

    おとうさんは、事故の為目が見えません
    鍼のお仕事を自宅でしているようです

    普段の何気ない生活の一場面なのですが
    お父さんの穏やかなこと
    とっても温かい気持ちになります

    「どうして?」って聞く事に対して
    きちんとやさしく、わかりやすく
    またユーモラスに応えてくれます

    だから、お手伝いもよっちゃんは自分から
    進んでするんだね

    最後にちょっと出てくる
    おかあさんも、明るく素敵な方のようです

    夜回り先生(水谷修氏)の新刊本を読んで
    現実の親子関係にショックを受けていたのですが
    この本で、なんとか私自身が癒されました

    どうか、この本のようなお父さん、お母さんが
    いっぱい居てくれますように
    願ってやみません

    投稿日:2012/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵が最高です

    内容も良いのですが、表紙の絵が最高です。
    お父さんの手を抱き寄せて、とても安らいだ表情の女の子。
    お父さんの手は魔法の手なのです。
    話を読んでいくと、お父さんの魔法は手だけではなく、耳でも、鼻でもかおりちゃんをびっくりさせます。
    かおりちゃんが赤ちゃんの頃、お父さんは車の事故に会って目が見えなくなってしまったのです。
    目は見えないけれど、お父さんはかおりちゃんが帰ってくるのも、給食で何を食べたかもわかっているのです。
    足音、匂い…。
    そのことを知って、かおりちゃんはますますお父さんが素晴らしく思えてきます。
    目の見えないお父さんは、鍼を打ちます。
    目が見えなくても、どこに鍼を打てばよいのかもわかるのです。
    話を読み終えて本を閉じたら、また表紙の絵が目に入ります。
    安心しきった女の子の絵。
    私も魔法の手を持ちたいものです。

    投稿日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット