宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

オレンジいろのめうし」 ママの声

オレンジいろのめうし 作:ナタン・アール
絵:ルシル・ビュテ
訳:ふしみ みさを
出版社:エフ企画(パロル舎)
本体価格:\950+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784894192904
評価スコア 3.67
評価ランキング 37,669
みんなの声 総数 2
「オレンジいろのめうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • めうしが図々しい

    オレンジいろのめうしが家出する。すぐに狐に出会うが、具合が悪い、というめうしをベッドに寝せて、キツネが散々世話をする。親切なキツネのベッドの干草を食べてしまったり、ベッドでシャンパンとソーセージといちごを食べたり。、シャンパンに酔って変な夢を見て夜中にキツネを起こしたり、また朝食もキツネの好意でベッドでとり、、、、かなり図々しい。キツネがめうしの家出元の新聞広告を読み、二人で帰宅し、飼い主にお礼をもらうのですが、めうし自体はキツネに対してお礼もせず、軽くアリガトウというくらい。

    絵本を通して言いたいことがよく分からなかったです。

    でも、具合いの悪いうしを背負って家に連れて行ってあげるキツネの絵が衝撃的。うしがさかさまだし、つぶれそうだし、、、娘は受けていました。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット