話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

うみべのハリー」 ママの声

うみべのハリー 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834000986
評価スコア 4.09
評価ランキング 23,234
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 疑問がいっぱい

    大好きなどろんこハリーの続編を見つけて、嬉々として子供達と一緒に読んでみたのですが…うーん、イマイチ盛り上がりませんでした。
    「いらはいって何?」「ごかいって何?」と質問されても、私自身も分からない…。
    皆さんのレビューを見て原文ではHurry Hurryとなっているのを「いらはい」と訳したのだと知りました。
    言葉遊びの絵本を訳すのって本当に大変だと思います。
    どろんこハリーとは対照的にこの絵本があまり日本で知られていないのは、訳が原因なのかなと思いました。

    投稿日:2016/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • かいそうハリー

    どろんこハリーが大好きな次女に読みました。
    ハリーが家族と海水浴場へ行き、一波乱起こすお話です。
    どろんこハリーでは、どろんこになりすぎて家族からハリーだと認識してもらえなくなりましたが、
    今回は波に巻き込まれた時に海草が体を覆い隠すくらいかぶさってしまい、
    ビーチのみんなからおばけ扱いされてしまうというもの。
    途中までは楽しい展開なのですが、皆さん書かれているように、肝心な場面での訳に違和感がありました。それだけがやや残念です。

    投稿日:2020/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日陰も必要だよね

    ハリーが家族と海水浴に行ってハプニングがおこります。家族とはぐれてしまって一生懸命さがそうとします。無事見つかるでしょうか・・・。
    今回のお話はハリーがかいそうおばけになってしまいます。でもとってもかわいい。どろんこハリーの時は汽車が走っていたりと時代を感じました。今回の海水浴でもみんなの水着や帽子などがおしゃれで見ていて楽しかったです。最後に大きなパラソルの中、家族でまったりしているシーンに癒されました。

    投稿日:2020/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日陰を探していただけなのに…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    子どものころから大好きな犬の「ハリー」のシリーズです。

    今回のハリーは、うちの人たちといった海で日陰を探していただけなのに、波にさらわれて“海藻おばけ”になっちゃって…。
    おはなしの導入、経過、ラストへの展開のテンポよさ。大人になって改めて読んでみても楽しい作品だなと思いました。

    夏の海水浴場が舞台なので、ぜひ暑い夏の日に読んであげてください。
    「怖く」はありませんが、ハリーが“海藻おばけ”なってしまうので、夏の「怖いお話として紹介するのもおすすめです。
    わたしは図書館の幼児向けと小学校低学年向けのお話会で紹介しました。

    投稿日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海で迷子になったハリー

    どろんこハリーの夏verと言う事で夏真っ盛りに読んでみました。
    家の人たちと海水浴に来たハリー。
    日差しを遮るものを探しているうちに
    海で大きな海草だらけになってしまい
    まるで海のおばけのようになってしまいます。
    ハリーが歩くと浜辺は大騒ぎ!
    最後はもちろんハッピーエンド♪
    息子は日焼けをした子供のイラストがとても
    気になったようで何度も指をさしてみて!この子と
    言ってました。
    ユーモアあふれる陽気なお話でした。

    投稿日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海藻ハリーに爆笑

    どろんこハリーが大好きなこどもたち(わたしも!)
    この本をみつけて、すぐに手にとりました。

    ハリー、今回もやってくれました!
    海藻がからまったおばけハリーになってからは、家族で笑いっぱなしです。
    ハリーには、振り回されっぱなしだけれど、いつも大切な家族の一員で、それが誰にとっても当たり前のことで、家族っていいなぁとじーんとしてしまうのです。
    時がたっても色あせない、かわいいドタバタ絵本です。

    ホットドックやさんのくだりは、訳に苦労されたんだろうな。。とお察しします。

    投稿日:2015/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • うみのおばけ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    今回もハリーはいたずらっ子だなーと思いました。
    こんなにも海藻にまみれてしまったらたしかにうみのおばけと言われてしまうのも分かります。
    これでは飼い主もハリーだと気づかないのでは?と思いながら読みました。
    ビーチパラソルがたくさんあったらたしかに自分の家族のパラソルはどれだろう?とさがしてしまいそうですね。
    家族もハリーのことを思ってくれているようで良い家族です。

    投稿日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリーが大変!!

    ハリーは家族と一緒に海にやってくるのですが、そこで、
    大変なことに!!
    かいぶつ扱いされてしまうんです!!
    いつものかわいいぶちが、海藻でかくれてしまって・・・。
    つかまえられそうになっているハリーを見て、どきどきしてしまい
    ました。
    いつも、たんたんとしているハリーに、なぜか心をうばわれます。
    最後はちゃーんと家族のもとに戻ることができるので、安心して
    読んでみてくださいね♪

    投稿日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海水浴場の雰囲気満載!

    「どろんこハリー」が好きな3歳の娘に,図書館でこの「うみべのハリー」を読み聞かせました。

    夏の海水浴場の雰囲気を味わうには,おすすめの1冊です。
    パラソル,海の家(浜辺のお店),水着姿のたくさんの人たちが出てきますから。
    まだ海水浴に行ったことのない娘は海水浴場の絵に興味を持って見ていました!
    が,お話の内容はイマイチつかめていないようでした。
    外国語と日本語訳の難しさ大変さを大人としては感じましたが,最後は子供達に助けられ一件落着!
    夏のハプニング,そういう意味では面白いですね。

    投稿日:2014/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の次女にヒット

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    今回はハリーが家族と海へやってきたお話です。
    暑いのが苦手なハリー、波打ち際で座り込んでしまいます。
    すると大波をかぶってしまい、波に巻き込まれたハリーは海草まみれに!
    みんながハリーを見て「おばけ!!」と騒ぎ出し・・・?!

    海草まみれになったハリーを見て、娘たちが笑っていました。
    『どろんこハリー』の時と同様に、4歳の娘に大ヒットでした。

    皆さんおっしゃっているように、
    ホットドッグ売りのおじさんの「いらはい!いらはい!」
    の箇所は娘たちも「?」な感じで聞いていました。
    でもその後の展開が◎なので、あまり気にならなかったようです。
    ラストのビーチパラソルには、またまた娘たちがニコニコしていました。

    4歳の娘がとてもハリーシリーズを気に入っているので、
    3〜4歳くらいのお子さんに一番ヒットするかな、と思いました。

    投稿日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット