虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

おばけやしきへようこそ!」 その他の方の声

おばけやしきへようこそ! 作:ストリード
絵:エヴァ・エリクソン
訳:オスターグレン 晴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784033276908
評価スコア 4.28
評価ランキング 15,850
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖がりな子に…

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    森の奥深くに住む魔女や怪物たちと、そこにやってきた1人の女の子のお話。

    タイトルから、もっとワクワクするようなストーリーを期待していたのですが、少し期待外れ。淡々とお話が進んでいくような感じがしました。

    絵もあたたかく、優しい印象なので、あまり怖さは感じませんでした。怖がりな子にはオススメかもしれません。

    投稿日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久しぶりにおばけ屋敷をたずねてきたお客さまは、ちっともおばけを怖がらない女の子…。

    これには、おばけたちもお手上げ!
    女の子の要求にすんなり応える姿が、おかしくて笑ってしまいました!

    彼女のように堂々としていれば、おばけ屋敷にだって泊まれるんですね。
    いつかおばけ屋敷に泊まるときには、同じようにしようと思いました(笑)

    お話も絵もすっごく好み!特に屋敷と魔女さんが素敵すぎます!

    怪物にトロル、ゆうれいに魔女、一体どんな生活をしてるのか気になる!
    あの後、人間はやって来たのかな?

    投稿日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな女の子好きです

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    どんなに怖がらせようとしても、ちっともこわがってくれない女の子に、おばけや魔法使いがたじたじ!
    こういうお話は子供にとっても、頼もしいお話しなだと思います
    一種の憧れみたいな感情も、持てるのではないでしょうか
    私自身、読み終えた後、不思議な満足感に浸れたような感じがしました
    小学校の読み聞かせでも、楽しめると思います

    投稿日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こ、怖くないの…?

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    迷子になって妖怪の住むお城に泊めてもらうことになった女の子。ここぞとばかりに魔女が、妖怪が、怪獣が 女の子を怖がらせる。しかしこの子、全く驚かないばかりか、次々と登場する妖怪を逆に言いくるめてしまう。


    怖がらせようとするオバケたちと
    ちっとも驚かない女の子の対比が面白いです。


    印象的な2点
    ・べとべとの手で触ろうとしたトロルに女の子が一喝。
    ライオンのたてがみでふきとってしまう。

    ・透明人間をどう描くのかと思っていたら、緑色の液体を体内に流し込んで身体が透き通っているのを表現していました。なるほど。


    おばけが登場するごとにおどろおどろしく読み聞かせると楽しめるんじゃないかな。

    投稿日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット