宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おばけやしきへようこそ!ふつうだと思う みんなの声

おばけやしきへようこそ! 作:ストリード
絵:エヴァ・エリクソン
訳:オスターグレン 晴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784033276908
評価スコア 4.28
評価ランキング 15,848
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖がりな子に…

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    森の奥深くに住む魔女や怪物たちと、そこにやってきた1人の女の子のお話。

    タイトルから、もっとワクワクするようなストーリーを期待していたのですが、少し期待外れ。淡々とお話が進んでいくような感じがしました。

    絵もあたたかく、優しい印象なので、あまり怖さは感じませんでした。怖がりな子にはオススメかもしれません。

    投稿日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • がお化け屋敷に迷い込んだような気分

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    4歳の子供と読みました。

    出てくるお化けやイラストの雰囲気が「いかにも外国」といった感じで素敵です。
    読んでいると自分がお化け屋敷に迷い込んだような気分になりました。
    それだけにストーリーが最後まで同じパターンで続いていったのは残念でした。
    ラストにもうひとひねりあるとよかったのですが。

    投稿日:2012/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こ、怖くないの…?

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    迷子になって妖怪の住むお城に泊めてもらうことになった女の子。ここぞとばかりに魔女が、妖怪が、怪獣が 女の子を怖がらせる。しかしこの子、全く驚かないばかりか、次々と登場する妖怪を逆に言いくるめてしまう。


    怖がらせようとするオバケたちと
    ちっとも驚かない女の子の対比が面白いです。


    印象的な2点
    ・べとべとの手で触ろうとしたトロルに女の子が一喝。
    ライオンのたてがみでふきとってしまう。

    ・透明人間をどう描くのかと思っていたら、緑色の液体を体内に流し込んで身体が透き通っているのを表現していました。なるほど。


    おばけが登場するごとにおどろおどろしく読み聞かせると楽しめるんじゃないかな。

    投稿日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんお母さんの登場でひと安心

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    森で道に迷って女の子。お化け屋敷に入り込みます。死ぬほど怖がらせてやるぞと張り切るおばけたち。しかし、女の子は怖がるどころか、おばけたちをバッタバッタといなしていきます。
    最後にお父さんお母さんが現れて、メデタシメデタシはちょっと安易な終わり方で不満が残るのですが、この絵本を読む子どもたちにとっては、ホッと安心感を覚えるところなのかもしれません。

    投稿日:2006/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット