話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

おばけやしきへようこそ!なかなかよいと思う みんなの声

おばけやしきへようこそ! 作:ストリード
絵:エヴァ・エリクソン
訳:オスターグレン 晴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784033276908
評価スコア 4.28
評価ランキング 18,451
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おばけもお手上げ

    怖いもの知らずというか、物怖じしない女の子にお化けが翻弄されるお話です。
    どう見ても恐ろしいおばけや、猛獣が相手しても、自分中心の思考回路で、我が道を行く女の子。
    これだけたくましければ、何事も乗り越えていけるに違いありません。
    妙にスッキリした読後感です。

    投稿日:2020/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雰囲気満点のおばけやしき。

    森で迷子になった女の子が、一夜の宿をおばけやしきに求めてしまうお話です。

    「おばけやしき」というだけあって、絵は薄暗く、「恐い」雰囲気で溢れています。
    ヨーロッパのお城が舞台なのも、「おばけやしき」感が強く良かったと思います。

    そんな「おばけやしき」感満点の本書に、初めて読んだときの娘は、心なしか身体を縮こませながら聞いていたようでした。そして、読んでいる途中、何度か身体をビクッとさせたときは、読み甲斐を感じてしまいました(笑)
    子どもの様子を見つつ、少し低めの声で読むのがおすすめです。
    しかし、翌日、「もう一回読んで」と娘から言ってきたので、「恐くてイヤ」という感じではなかったようです。むしろ、二回目以降は「ビクッ」とすることを楽しんでいるようでした。

    ただ、主人公の女の子がなぜおばけやしきに恐さを感じないのかなど、内面の描写があったほうが納得感をもって読めたのではないかと思います。
    そのほうが、娘ももっと感情移入をして「おばけやしき」を楽しめたように感じました。
    なので、☆4つです。

    投稿日:2019/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気付かないと怖くない

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    おばけや妖怪が好きな息子に読みました。


    外国のお話です。

    森でママとパパとはぐれてしまった女の子が、
    魔女や幽霊やトロルなどが住んでいる本物のお化け屋敷にやってきました。

    お化け達が女の子を怖がらせようとしますが、
    女の子はお化けと気付かずにへっちゃら。
    それどころか、結構ずけずけと意見を言っちゃうので、
    ちょっと笑えてきちゃいます。

    でも、本物のお化け達がいっぱい出てくるので、
    怖がりの子はちょっと怖いかも!

    投稿日:2015/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の子供達の勝ち!!

    3歳の娘にはちょっと長いかなと思いましたが,飽きることなく見入って聞いていました。
    おばけやしきの絵本ということで,怖がるかなと思いましたが,絵本の中の主人公の女の子が全くおばけ達を怖がらないからか娘も全く怖がることなく(笑)。

    絵やおばけ達がやることは,大人の私から見ると何とも恐ろしかったです。
    親の私は,「こんなおばけやしきに1晩お世話になるのは絶対に嫌だ!」と思ってしまいましたが,娘は主人公の女の子同様淡々と聞いていて何だか可笑しく思いました。
    おばけ達もこれではびっくり拍子抜けですね!
    子供って,変な知識や先入観がないので,許容範囲が広いのかも知れませんね。

    投稿日:2014/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキワクワク

    外国のおばけらしいおばけが盛りだくさんに描かれた絵本です。

    女の子が全然怖がらなくて、おばけたちの方が必死になっちゃってる様子は5歳の長女にはおもしろく映ったようで何度も読んで欲しがりました。
    3歳の次女はそのおかしさよりも、リアルに描かれたおばけがたくさん出てくるものだから怖くって読んでほしくない!と断固拒否でした。

    なんだか長女にハリーポッターを見せてあげたくなる絵本でした。

    投稿日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいものみたさ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    怖がりの娘がなぜか選んだ本です。
    怖い物見たさ、でしょうか?
    怖いんだけど、未知な魔女や妖怪ってすごく気になる存在なので、そんな登場人物に惹かれたのでしょう。
    そういう子供心をくすぐる本です。

    投稿日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ・ワクワク♪

    おばけが嫌いなくせして、この手の物が好きな息子。
    本屋さんで見つけてすぐに欲しがりました!!

    絵本を読み進めていくと・・・。
    なんとも奇妙なおばけ達が出てくるではありませんか!!

    これには息子と一緒にビックリするやらおかしいやら(^-^)

    最初は恐いかな!?なんて思って読んでいたけれど、
    途中から、この先はどうなるの?次はどんなおばけ?と、
    ドキドキするやら、ワクワクするやら、楽しくなってきました!!

    この絵本を読んでから息子と話をしたんですが、
    「森の中って、もしかしたら本当にこういうお屋敷があるのかも!?」
    と・・・。

    ちょっと森の中へ探検へ行きたくなります。

    投稿日:2011/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がりの娘のお気に入り

    現在7歳の娘が、4歳の時に病院の待合室で出会い、今でも病院に行く度に必ずと言っていいほど読む本です。

    道に迷い、屋敷に入ってきた女の子を怖がらせようとするおばけたち。
    そんなおばけたちを女の子がさらっとピシッとかわす様子がなんとも小気味よいお話でした。

    絵は結構不気味(?)だと思うのですが、
    怖がりの娘が全く怖がらずに何度も読みたがるのは、ストーリーが魅力的だからなのでしょうね。

    娘も初めは『なんとなく怖いもの見たさ』な感じだったので、
    おばけは怖いけど、ちょっと見てみたい…と思っているお子さんに良いような気がします(^^)♪

    女の子の勇敢さが素敵ですね!

    投稿日:2011/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいと思ったんだけどなあ

    娘はおばけを怖がります。おばけの絵本も、よっぽどかわいい
    おばけでないと怖がります。
    この絵本は「おばけを全然怖がらない女の子」が登場するので
    いいかも!と思って読んでみました。
    ・・が、やはりだめだったー。
    怖いのだそうです。
    怖がらない女の子と一緒でもだめなのだそうです。
    ライオンのたてがみで手をふいた・・というところは
    喜んでいましたが(笑)。
    おばけの家なのに、バタつきパンがあったのも不思議だったらしく
    「なんで?なんであるの?」と何度も訊いてました(笑)。

    投稿日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    5歳と3歳の娘たちに 読みました〜
    わたしも すごく興味があって、読みたいな〜って思っていた本です

    こわーい絵本なのかなって思っていたのですが、楽しい 絵本でした。
    子供たちも 最初は イヤヤ〜なんていってましたが 読み進めるうちに 楽しんでいました。

    色んな おばけや怖いものが出てくるのですが 子供たちも ワクワクしているようです。

    次々に出てくる 展開が楽しいです!!

    最後もハッピーエンドだし、ちょっと 長い絵本ですが 小学校前の娘にも 十分 楽しめたようです★

    投稿日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット