オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」 みんなの声

たいへんたいへん、あかちゃん、まって! 作・絵:ペギー・ラスマン
訳:たがきょうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784198618896
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,956
みんなの声 総数 25
「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子ども達の表情がいきいきと伝わってくる

    おもしろそうなタイトルと影絵の不思議な魅力に惹かれて読んでみました。2歳の息子はまだ何がなんだか分からないようで、途中で飽きてしまい興味を示しませんでしたが、私はすっかり夢中になってしまいました。

    影絵なのに、赤ちゃんたちや追いかける男の子の息づかいまで伝わってきそうなほど、とても表情豊かにいきいきと描かれていて、思わず見入ってしまいました。それに、皆とても個性豊かで、一人一人に注目して最初から読んでみても楽しめます。

    そして、最後は皆おうちに帰って、パパやママに抱っこされているシーン(抱っこではなく、とてもユニークな親子もいますが!)で心がじーんと温まります。

    投稿日:2006/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 影絵的な絵がとっても素敵

    背景はすんごく色鮮やかなのに、それ以外は切り抜きのような感じ。もう創造力を掻き立てられること間違いなしです。

    この主人公の男の子が赤ちゃんに振り回されながらも、一生懸命赤ちゃんを連れ戻そうとする姿がとっても可愛らしい。
    そして影絵っぽいので、ここにいて、ここにいて、あれ??1人いない?と思っていると、必ず上のほうに、赤ちゃんがいるのです。
    その姿がとっても愛らしく、息子はその赤ちゃんがお気に入りです。

    私のお気に入りはやっぱ最後のページかなあ(てんぐざるさんと同じですね)。武勇伝を語りながらもお母さんの上での中で寝てしまう姿が、親心をとってもくすぐります
    ちなみにこの作者、絵本ナビの2〜3歳コースでお薦めにあげている絵本おやすみゴリラくんと同じ人だったと知り、そちらも読みたいと思っています。

    投稿日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像たくましく

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    パイの早食い競争中に、赤ちゃん達がチョウチョやカエルやこうもりをおいかけて森の中へと進んでいきます。
    それをあわてて追いかける男の子。
    一生懸命お世話をします。

    背景は鮮やかな色合いなのですが、その他は全部影絵になっています。
    真っ黒なので表情はわかりません。
    けれど、それを想像するのがまた楽しい。
    細かい動きから、今は何をして何を思っているのか・・・。
    山全体や家の様子がとても細かく表していて、美しい影絵になっています。
    真っ黒なのですが、とても暖かく感じられます。

    しかし、子どもたちはその真っ黒さが怖かったようで、
    読んで少ししてから「これはいい」と言われました。
    もうちょっと大きくなってからの方が、うちの子供たちにはよかったようです。

    投稿日:2006/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの大冒険

    • りじゅらさん
    • 20代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    お祭りの日にパパ達ママ達がパイの早食い競争をしている間に
    赤ちゃん達がいなくなってしまいます。
    僕は急いで赤ちゃんを追いかけますが、赤ちゃんは知らん振りで
    どんどん遠くに行ってしまい、こうもりの洞窟に行ったり
    崖をおちたり大変。僕は、赤ちゃんを抱っこしたり、無事に
    帰ることができました。
    自由奔放な赤ちゃんと僕の優しさが暖かい本です。
    家に帰って僕はお話しながらママの膝で眠ってしまいます。
    小さい僕の勇気ある大冒険。

    投稿日:2005/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人物は全部、影絵みたいになってます。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    背景以外は切り絵のような影絵になっています。
    大人がパイ競争に夢中になっている間、会場に来ていた5人の赤ちゃんが、ちょうちょにつられて、ふらふら出かけてしまいます。
    それに気付いた主人公の「ぼく」(年は5、6歳ってとこじゃないでしょうか?)は、赤ちゃん達を追って、森の中へ…。
    何度止めても、どんどん森の奥へいってしまう赤ちゃん達。ついには、小高い崖の上から赤ちゃん達は落ちてしまうというハプニングあり!赤ちゃん達を救おうと奮闘する「ぼく」の子供らしいがんばりに感動します。
    やっとの思いで、赤ちゃん達をパイ競争の会場に、連れ戻したぼくは、みんなから誉められたようです。
    この絵本の中で、わたしの一番のお気に入りのシーンは、最後のページ。一日大活躍だったぼくが、自分のママの腕の中で、武勇伝を聞かせながら、眠りについてしまうところ。
    なんだかとってもあたたかい絵本です。
    人物が全部影絵なのも、個性的で面白いので、ぜひ、読んでみて下さい。

    投稿日:2004/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット