オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

にんじんとごぼうとだいこんなかなかよいと思う みんなの声

にんじんとごぼうとだいこん 作:(日本民話)
絵:和歌山 静子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年
ISBN:9784790260233
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,304
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はじめの登場にビックリ!

    読み聞かせで読んでいただきました。にんじんとごぼうとだいこんのお話は色々な種類の絵本が出ているので内容は知っていました。ですが、この絵本のように初めの登場が真っ黒なのがビックリ!子どもは形を見てお野菜を当てようと頑張っていました。絵も可愛くて楽しめました。

    投稿日:2019/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    私自身が小さい頃から知っているお話で、大人とお風呂に入った時、よくこのお話を話題にした記憶があります。

    読み聞かせボランティアメンバーが、特別支援学級の教室で読みました。
    学校の菜園で、子どもたちが大根を育てて販売しているので、この本を選んだそうです。

    小さい本なので、子どもたちに見やすいかしら?気になりましたが、シンプルな絵とシンプルなお話のおかげか、内容はよく伝わっていて、みんな楽しそうに聞いていました。
    あとから、地域の図書館に大型絵本もあることに気づきましたが、運んでくるのが大変かもしれません。
    英語版は中学年クラスに使えるかも…と思いました。

    投稿日:2017/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ昔話でも

    同じタイトルの昔話で、違う絵本を読んだことがあります。
    ストーリーが同じでも、絵や文章が違うとこんなにも受ける印象が違うのですね。そのことに驚きました。
    同じタイトルの昔話であれば、どれか1冊を読めば十分と思っていたのですが、今回その考え方が覆されました。
    今後はこうして何冊か読んでみたいと思います。

    投稿日:2015/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵にひかれます。

     この絵本、題名のとおり、にんじんとごぼうとだいこんが出てきます。

     小さな子ども達のはじめての昔話として、とっても最適な絵本だと思います。話の内容は、ご存知の方も多いかと思いますが、にんじんはずっと長いことお風呂に入っていたから赤い色になったんですってという感じのお話です。

     にんじんを指差して、「このお野菜、な〜んだ?」と聞いてあげたりすると、きっと小さな子どもさんは一生懸命考えるでしょうね・・・。なんだか、子ども達が小さかったときのことを思い出します。
    知っている野菜だと、大きな声で喜んでよく答えてくれたな!と思い起こされます。

     絵もすごくかわいらしくて、きっと子どもさんたちのお気に入りの絵本になることと思います。

    投稿日:2011/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • もともとは同じ?

    2歳8ヶ月の息子に読んでやりました。人参も大根もごぼうもたしかに風貌は似ているけれど・・・そんな事情があったの?とちょっと笑えるお話です。民話だというけれど、そういわれてみるととっても素朴。心温まるいい本ですよ。

    大根と人参とごぼうが畑から這い出して、お風呂に入りました。長風呂でまっかっかになってしまった人参くん、熱い!とすぐ飛び出してしまったごぼうくん、ぬるま湯にしてじっくり体の泥を落とした大根くん。りくつがとおるようなとおらないような、でも、そんな話もいいかなー。

    息子は大好きな人参と大根がでてきたのでご機嫌。お風呂にはいったち外を理解できたかどうかはわかりませんが、とにかく野菜の絵本や絵を見たいお子さんにはオススメかもしれません。

    投稿日:2010/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり楽しい!

    どんどん読み進んでいくと、あれ〜このお話以前に読んだことあるな〜と・・・。そうそう、松谷みよ子さんの「にんじんさんがあかいわけ」で読んでました!
    最近は読んでなかったので、お〜懐かしい!でも何度読んでも楽しい内容だな〜と改めて感じました!
    ただこの作品に関しては、語り口調などは個人的に、松谷さんの方がお気に入りなこともあって、星4つってことで・・・。
    野菜の特徴を生かしたおもしろい日本民話ですね。

    投稿日:2008/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい本です

    日本の民話は、やっぱり日本独特の感性から生まれたもので、どれもとても興味深く、私自身も大好き。
    このお話も子供に読み聞かせると、何かひとつの発見をしたように、子供も楽しそうに聞いていました。
    身近にある野菜が題材だからこそ、子供も納得したのかもしれないですね。

    投稿日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3つの野菜の色はね・・

    にんじんとごぼうとだいこんは仲良し。お日様の光を
    吸って、すくすく育っていましたが、みんな土に入ってる
    のでまっくろけ。そこでお風呂に入ることにしました。
    3つの野菜たちは、その性格からいろいろなお風呂の
    入り方をして、にんじんは赤く、ごぼうは黒く、大根は
    白くなってしまったという日本民話。
    3つの野菜の絵がかわいくて、コミカルなお話に
    仕上がってると思います。

    投稿日:2004/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット