新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

こねこのチョコレートふつうだと思う みんなの声

こねこのチョコレート 作:B・K・ウィルソン
絵:大社 玲子
訳:小林 いづみ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2004年11月
ISBN:9784772101745
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,722
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとつらい

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    こういう話を読む時、娘は顔を覆います。
    ハラハラして見て(聞いて)いられないのかな。

    表紙を見て、このこねこのチョコレートはすごく美味しそうだ!という
    直感がして読みました。
    でも読んでみると、ちょっと辛いおはなしだなあと思いました。

    確かに日常で、こんな我慢がきかない場面ってあるけれど、
    誕生日プレゼントという特別な場面で誘惑にまけちゃうジェニーを思うと、
    すごく辛かったです。

    すごく綺麗にまとまりすぎていて、そんな慰めでいいの〜!?とついつい
    思っちゃいます。
    おはなしなので、これ以上の終わり方もないのかもしれませんが。

    投稿日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • ジェニーの気持ちのゆくえ

    弟の誕生日プレゼントに、こねこのチョコレートを買ったジェニー(4才)。チョコレートを自分の部屋のタンスに隠して眠りますが…。

    チョコレートがタンスの中には美味しいチョコレート、しかも8個も。かなりの誘惑です。大人だって、「ちょっと食べちゃおうかな…」という時があります。

    誘惑に負けないように頑張るジェニーですが…。

    「こんなことを いわなければ ならないのは ざんねんですが、」のあたりから、心が痛くなりました。そして、エンディング。
    プレゼント問題は解決したけれど、ジェニーの辛さは宙に浮いたまま。なにやら割り切れなかったです。
    弟くんへのプレゼントが、とても豪勢なのも気になりました。

    初版は1968年。
    こう感じてしまうのは、時代の変化もあるのかもしれません。

    子どもと一緒に読んで、読み終わった後、ジェニーの気持ちの事をあれこれ話し合いたいな、と思いました。

    投稿日:2022/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりすぎる!

    弟の誕生日のために買ったこねこのチョコレート、初めは1つだけ…と思っているうちに全部食べてしまうお姉ちゃん。そして、プレゼントを渡すときに何とも恥ずかしく思ってしまい、泣いてしまいます。何歳の設定かは分かりませんが、お姉ちゃんの気持ちが分かりすぎて少し心が痛かったです。最後に飼い猫がステキなサプライズプレゼントをくれて結果オーライのようにみえますが、私はなんとも言えない気持ちで読み終わりました。どこが気にいるポイントだったのかは分かりませんが、3歳娘は何度も読んでと持ってきました。

    投稿日:2019/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こねこのチョコレート

    ジェニーは明日の弟の誕生日のプレゼントに
    「ねこのチョコレート」を買います。
    でも、チョコが気になって気になって・・、
    朝までに全部食べちゃいます・・。

    ジェニーも大好きなチョコレート、
    きっと弟は喜ぶだろうという想いと、
    ちょっと減っても気を悪くしないだろうという考え。
    二つの思いがいったりきたり、悩むジェニーがかわいらしい。

    投稿日:2011/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんなさい。語りのほうが好きです。

    もともとが素話で伝えられていたというお話なので、絵本より、語りで聞くほうが好きです。
    初めてであったとき、勉強会で読んでもらいました。
    絵本だと、おもちゃを選ぶシーンが、どうしても長く感じてしまって、私は好きではありませんでした。テーマ部分とは、全然関係ないシーンが長いと感じたのです。。
    絵は、内容にあった、かわいらしい絵なのですが。
    ちょっとしっくりいかないところがある絵本に感じました。

    投稿日:2006/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / だるまちゃんとてんぐちゃん / ねないこ だれだ / ロバのシルベスターとまほうの小石 / にくのくに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(97人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット