新刊
学研の図鑑LIVE 昆虫 新版

学研の図鑑LIVE 昆虫 新版 (Gakken)

掲載数No1!3歳から大人までずっと使える本格図鑑の新定番!!

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

こねこのチョコレートなかなかよいと思う みんなの声

こねこのチョコレート 作:B・K・ウィルソン
絵:大社 玲子
訳:小林 いづみ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2004年11月
ISBN:9784772101745
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,747
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • しょうがないよ、チョコレートって美味しすぎるんだもの。

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ジェニーは弟思いのしっかりしたお姉さん。
    お母さんが弟の誕生日プレゼントのおもちゃを買うときも、私も!なんて駄々をこねたりせず、
    自分のお小遣いで弟にチョコを買ってあげるなんて、優しいなぁ。
    ○○ばっかりずるい!ばかり言う我が家の兄弟に見習ってほしい、と思っていたけれど、
    ジェニーだって、やっぱりまだ4歳の女の子でした。
    チョコレートがどうしても食べたくて眠れなくなり・・・。

    ジェニーの葛藤や後悔で泣きたくなるような気持ちの描写が丁寧であまりにリアル。
    遠足のチョコを我慢できずに夜こっそり食べ、当日飴だけだった遠い日の記憶が蘇り、
    冷や汗をかきながら読みました。
    ジェニー、しょうがないよ。だって、チョコレートって美味しすぎるんだもの。

    ジェニーの家族が素敵です。
    失敗を責めるのではなく、落ち込んでいるジェニーの気持ちをちゃんと寄り添っていて、暖かい気持ちになります。
    まさかのハッピーエンドで子ども達もニコニコでした。
    (読み返すとちゃんと伏線があるんですよ)

    前半が少し長く感じましたが、
    途中からハラハラさせられ通しでした。
    年中さんから小学校低学年位のお子さんにおすすめです。

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    4
  • ねこが解決

    弟の誕生日プレゼントのために買ったチョコレートを、食べてしまったジェニー。
    年長さんで読んだら、子どもたちは、わがことのように、真剣に聞いていました。
    弟の誕生日パーティアの場面では、もうみんなジェニーと同じ気持ちを味わっているようです。

    この作者は、子どもの心をよく知っているな…と思いました。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • わかる!

    弟の誕生日プレゼントに、ジェニーはおこづかいで、こねこのチョコレートを買いました。

    きれいな箱に入ったチョコレートをたんすに入れて、ベッドに入ったジェニーですが、目を閉じるとチョコレートのこねこが頭に浮かび、なかなか眠れません。
    ジェニーはついに、ベッドから出て、たんすに行き、チョコレートをひとつ、食べてしまいます!

    そのあとは、もう、想像つきますよね。
    ひとつだけのつもりが、もうひとつくらい…と何度もベッドとたんすを往復して、とうとう全部食べてしまったジェニー。
    明日は弟の誕生日なのに、どうするの…?

    自分のおこづかいでプレゼントを買う、ちょっと誇らしくて幸せな気持ち。
    だめってわかってるのに、やめられなくて取り返しがつかなくなっちゃうこと。
    どれも、子どもたちには心当たりがあって、とても他人事とは思えなかったみたいです。(大人も同じですよね)

    7〜11歳の子たちによみきかせしましたが、小さい子達は、ジェニーがチョコレートをひとつ食べるたびに、口に手を当てて、もう心配でたまりません。
    大きい子達も「ばかだなぁ。適当なところでやめればいいのに。」とあきれた感じでしたが、やっぱり気持ちはよーくわかるみたいで、心配そう。

    最後は、飼い猫のティブルのお手柄で、あーよかった!でおわります。
    あー、よかった。

    子どもらしい失敗をあたたかく受け止める大人たちもすてきでした。

    投稿日:2010/05/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供らしさが良かったです。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    可愛いものが好きな下の子が、先日図書館で選んできた1冊です。
    どこかで見たことある絵だなぁと思っていたら、前にも読んだことがありました。(でも、この本の初版は2004年…、上の子に読んだんでしょうか?記憶がぁ。)
    弟の誕生日に自分おこづかいで買った「子ねこの形のチョコレート」、誕生日まで弟に見つからないように、自分の部屋に隠していたら、そのチョコが食べたくなって、ついにジェニー(主人公)は、そのチョコを全部食べてしまいます。
    子供らしさが等身大で描かれていて、子供を持つ親としては、読んでいて微笑ましく思いました。
    素敵な絵本でしたよ。

    投稿日:2006/07/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • チョコレートの甘い誘惑

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子5歳

     甘党であれば誰でも一度は体験したことのありそうな、かわいらしいエピソードです。ジェニーが一個ずつ口にしたチョコレートの甘さ、食べ過ぎてちょっと気持ち悪くなってしまうところなど、共感できるところがいっぱい。娘もわたしも、うなずきながらページをめくりました。ただ、イラストがお話の説明になっているので、絵本というよりは、お話としての方が楽しめるかな……という印象を抱きました。

    投稿日:2005/04/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • お誕生日のプレゼント

    弟の誕生日のために、自分の大事なお金でプレゼントを買ったジェニー。
    年端もいかない子供なのに、何て優しいお姉ちゃんなの!

    でもせっかく買ったプレゼントのことが頭から離れなくて、こっそりこっそり食べてしまって・・・
    うんうん、分かるよ! すご〜く分かる。
    でも、食べてしまう気持ちより、食べた後、歯磨きをしなかったことの方が気になってしまったのは、やはり親になったからなのでしょうか(笑)

    そして自分の子供へのプレゼントに、父親と母親が相談もせず、別々にプレゼントを買って渡しているところも、気になってしまいました。

    全体的に見れば可愛いのですが、細部を見るといろいろと気になるお話でした。

    投稿日:2019/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジェニーの気持ちを考えました。

    絵本ですが、
    大人の私が読んでみて
    ストーリー展開がとても気になって、
    物語の世界にハマってしまいました。

    私は3人の子育てを終え、
    みんな成人してしまいましたが、
    誕生日に その子だけ おもちゃを買って祝うということができませんでした。

    誕生日はお祝いするけれど
    該当しない子供にも
    ちっちゃな おもちゃを買ってあげたりしてました。

    ジェニーちゃんは
    弟のために チョコレートを買ってあげて
    それを食べちゃった。。
    後悔と罪悪感のようなものを感じて、
    つらかったと思います。

    いろんな出来事があって
    成長するけれど
    ジェニーちゃんの気持ちに身につまされてしまいました。

    でも最後は
    やさしいご家族のフォローがあって
    よかったです。

    もう おばあさんの立場の私ですが
    絵本から学ばせていただきました。

    投稿日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジェニー負けるな

    弟の誕生日のプレゼントに買った「こねこのチョコレート」。
    食べてしまったのはいけないことだったけれど、自分で一日をやり通したアマちゃんには脱帽です。
    みんな食べてしまって空にしてしてしまった、空の箱。
    本物のネコのクリストファーに助けられた形ですが、ジェニファーの心にはどう残ったのでしょうか。

    投稿日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳にちょうどいい内容

    主人公が徐々にチョコレートを食べてしまった後どうなるか考えるのがおもしろい。
    魔法みたいにチョコが戻るわけでもなく、おばあちゃんに食べたことを全部お見通しされているところが、分別もついてきた読解力もついてきた6歳に読むにはちょうどよかったと思います。

    ドキドキしながら、主人公に感情移入しながら楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2013/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつ、またひとつ・・・

    弟の誕生日に、自分のお小遣いでプレゼントを用意するなんて、とても優しいお姉ちゃんですよね。
    ジェニーは弟クリストファーの為に、可愛い猫の形のチョコレートが8個入っている箱を買いました。
    でも、その夜、どうしてもチョコレートが気になって仕方がないジェニー。
    そこはやっぱり4歳の子供です。
    ひとつ、またひとつと、ジェニーのお腹の中へ消えて行くチョコレート・・・。
    『我慢しなくちゃ』『でも、このくらいなら・・・』というジェニーの心の葛藤が伝わってくるようです。
    この先どうなってしまうのか、娘にも予想はついたようです。

    弟の誕生日当日、空っぽの箱を弟に渡したジェニー。
    きっとすごく後悔したでしょうね。
    でも、そんなことを吹き飛ばすくらい、素敵な出来事が。
    救われました。
    途中、どうなってしまうのかハラハラしましたが、最後は温かい気持ちで終わることが出来ました。

    投稿日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / だるまちゃんとてんぐちゃん / ねないこ だれだ / ロバのシルベスターとまほうの小石 / にくのくに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(97人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット