しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おつかい」 ママの声

おつかい 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年5月20日
ISBN:9784834011739
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,833
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

49件見つかりました

  • 雨の日のおつかい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おつかいを女の子に頼むおかあさん。ですが、外は雨。女の子はおつかいに行くのを渋ります。…それは私も同感だなー。
    渋る女の子に「かさをさしていけば…」「ながぐつをはいていけば…」「はやくいきなさい!」と言うおかあさん。
    このおかあさん、自分は行く気がなくお願いする立場なのに、もうちょっと低姿勢でもいいのでは…とちょっと思ってしまいました。女の子が渋ってなかなか行かないから、怒れてきたのかもしれませんが。それとも女の子だっておかあさんにお料理等、いろいろしてもらっているのだろうから、おつかいは女の子の仕事の内!という考え方かな?
    おかあさんとやりとりをしているうちに…というお話は面白かったです。

    投稿日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の中のベスト!!

    • すぎもちさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    私が子供の頃に読んだ本を偶然母が見つけて
    娘にとくれました。

    文章は最低限です。
    あってもとても短くて、文字がなく絵だけで表現してある
    ページもあります。

    小さな女の子が無理矢理おつかに行かされるのですが、
    何を買いに行ったかは裏表紙を見ると分かるという、
    まさに「絵」本。絵で表現してあります。

    子供にたくさんたくさん想像して読んでもらいたい大切な1冊です。

    なぜおつかいに行かなければならなかったのかは
    後から出版された「るすばん」を読むと分かります。

    投稿日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?ウチの子かと思った。

    • 北斗星さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子3歳、女の子1歳

    読みやすい!たくさんのレビューも楽しく読みました。今さら、レビューとか必要ないくらいの定番ですが、私の読み聞かせ備忘録として。

    毎日の子育て…私は、いい母ではないので、いつも笑顔でニコニコなママになれず、イライラしてしまうことの方が多い。

    それでも、寝る前は本!という、こだわりムスコ。
    イライラ…というか、疲れた頭と心で、本気の全力の読み聞かせなんかできないわよ…という日に、もってこい!文字も少ないし、主人公の女の子のお母さんのセリフが、優しくなくて、ちょっと日常にありふれていて最高!しかも、ムスコも大笑い!
    定番って、定番の意味があるわね…

    投稿日:2015/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか行けないおつかい

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    雨が降っているからおつかいに行くのを渋る女の子。

    かさをさしていけばいいでしょ
    だってあしがぬれちゃう

    長靴を渡されたって、次々心配なことが出てきます。
    まさかの事態に備えてどんどんありえない方向へと進んでいく展開にニヤニヤの子ども達でした!
    最後のオチは大きい子の方がもっと分かるかもしれませんね!

    裏表紙までしっかりお話が続いていますよ☆

    投稿日:2015/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがわかる

    梅雨の時期に、雨にまつわる絵本が読みたくてこちらを購入しました。
    雨の日に女の子がおつかいに出かけるまでの気持ちの葛藤がよくあらわれています。
    いろいろと理由をつけてなかなか出かけられない。わかります(苦笑)。
    最終的にはたくさんの持ち物をかかえてお出かけをすることになるのですが、その様子が普段、園に行くときに「あれ、持っていく。これ、持っていく」といろいろ要求してなかなか出かけようとしない娘に重なっておもしろかったです。

    投稿日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日のおつかい

    雨の日におつかいを頼むお母さんもあれですが、
    こんなに「でも〜」を繰り返す子は困ってしまいますね。
    ちゃんと応じてあげているネコとネズミは偉い!と思ってしまいました。

    なんとなくアメリカの絵本っぽいなぁ〜と感じてしまいましたが、
    イラストのせいかな?

    もうすぐ3歳の娘と読み、初めは???という顔をしていましたが、
    なかなか出かけない様子が面白いらしく、
    「早く行きなよー」「海におつかい行くの?」などとツッコミをいれながら読むようになりました。
    真似されたら困ってしまうけど、子供ってこういうの好きそうですね。

    投稿日:2014/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜言えば、こ〜言う

    子供って、あ〜言えば、こ〜言うし、こ〜言えば、あ〜言うし。ほんと、どうして素直に「はい」って聞けないのって思うことがよくあります。これも、そんな親子の日常を描いた感じで私も子供も大好きです。きっとお互いその親と子供に共感してるんでしょうね。

    投稿日:2014/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものころ自宅にこの本があって大好きだったので、
    2歳7か月の息子にも借りて読んでみました。

    雨の日に女の子がお母さんにおつかいを頼まれ、
    あれこれ想像して重装備で出かけようとしたら、
    その時には晴れていた、というストーリー。
    文字は最小限です。

    想像の内容と重装備があまりにも大袈裟で、とてもおもしろかったのです。
    そして女の子は雨が降っているのでおつかいに行きたくなくて、
    最初の方はあれこれ理由をつけて行こうとしなかったのだと思っていました。
    それが何となく共感できたのです。

    息子はそれほど興味を示さず、ちょっと残念でした。
    少し早かったのかな?

    投稿日:2013/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日のおつかい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    主人公の女の子が、お母さんから雨の日のおつかいを頼まれるのです。
    雨が降っているから、服が濡れるから、と理由をつけて渋りますが、
    傘、長靴、レインコート、帽子のフル装備で追い出されてしまいます。
    でも、女の子の妄想はまだ止まらないのですね。
    かくしてすごい荷物で出陣しますが・・・。
    時間の経過がさりげなくぺろぺろキャンデーの減り具合で表現されるのがさすがですね。
    もちろん、裏表紙までしっかりチェックしましょうね。
    おつかいは何だったのか、ちゃんと描かれていますよ。
    幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    投稿日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんうん、分かる

    この女の子の性格、分かります。

    雨に対してはこんな感じになりますよね。

    傘だけだとはねた雨にやられちゃうな〜・・。とか

    顔を拭きたいな〜・・とタオルをカバンにいれてみたり。

    みんなそれぞれ対策があると思いますが、

    この女の子は完全に防備していたので爆笑です。

    最後のオチの部分はあえてセリフがなく

    表情からよみとれるその様子が

    読んでいるこちらにも伝わります。

    雨の日に読んだらスッキリとした気分になるかもしれませんね。

    投稿日:2013/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット