もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おつかい」 じいじ・ばあばの声

おつかい 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年5月20日
ISBN:9784834011739
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,066
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑えます!

    雨の日におつかいに行きたくないおんなのこのつぎからつぎにいきたくない理由がおもしろいです!おんなのこのおかあさんが、おつかいにいかせようとする行為を尊敬してしまいます。危ないから行かせたくないとおもってしまう私だから・・・・・おんなのこの支度をする、ねことねずみもかわいいです。一生懸命さと、しぐさがかわいいです。ねずみさんは、おんなのこのもっているペロペロキャンデーを狙って行動しているのも愛嬌があっていいです。途中で、ペロペロキャンデーが、欠けた絵もおもしろいです。ボート、浮き輪、食料品、ゴーグルまで用意したのに、行こうとして外にでたら、おひさまが、カンカン!!爆笑してしまいました。買い物が、だいこん1本というのも笑えます。
    たのしくって、笑える絵本です。

    投稿日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 外はすっかり良い天気

    おつかいに行ってきて、と頼まれた女の子の様子が
    描かれているのですが、面白いです。
    ああだこうだと、とりこし苦労みたいなことを言うたびに
    持ってゆくものが増えていきます。
    用意しているのはとらねこさんと、ねずみくんですが
    この二人の表情やしぐさが、とても楽しかったです。

    投稿日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子のやり取りと 最後のオチ

    雨の中、子供におつかいを頼むお母さん。
    行きたくない子供の考える言い訳とのやりとり。
    その想像性と 子供らしい、子供っぽい思いつきが
    おもしろい絵本でした。
    結局、最後はそういう展開だったのね。。と
    笑ってしまいましたが、
    現実的には雨の中 子供一人で
    おつかいに行かせるということは有り得ないかな。。
    それもイヤがるのを無理に。。
    子供さんへの読み聞かせなら
    愛情込めてかな。。

    投稿日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑(^◇^)

    ・・・おつかい・・・

    おかあさんにおつかいを頼まれた女の子♪

    行きたくないのか?心配性なのか?!

    なんやかんやと屁理屈(妄想かな?)を云うんです♪

    それに答えて色々な準備をしてくれる仲間!♪

    とても・・・可愛いです♪

    出かける頃には物凄い「格好!」になってしまいました!

    ラストシーン!で大爆笑(^◇^)でした♪

    とても面白かったです♪

    投稿日:2007/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット