話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ペンギンきょうだい ふねのたび」 じいじ・ばあばの声

ペンギンきょうだい ふねのたび 作:工藤 ノリコ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2011年06月20日
ISBN:9784893095220
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,746
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいシリーズ大好き

    工藤 ノリコ さんの絵本は、いつも楽しいです。
    ペンギンきょうだい、3人が船に乗ります。
    船にのって、登って景色を見たり、そのまま、ざーんと海に飛び込んで
    遊ぶところも楽しかったです。
    特製のランチが、南国情緒豊かな、フルーツバーガーとフルーツジュース
    3人ともメニューが少しづつ違うのも、いつもながら楽しみなところです。
    船長さんからのプレゼントを落として、しっかり者のおねえちゃんもさすがに涙ですが、イルカくんに拾ってもらって感激。
    おじちゃんの家は椰子とか生えていて、南の島なのですね。
    すっかり旅行気分になりました。

    投稿日:2017/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの冒険心ですね。

    ペンギンきょうだいシリーズは今回初めて読んだのですが、
    工藤ノリコさんの絵本は主人公だけでなく、
    何気なくそのページにいる動物の動きや
    描かれているものもよく見てみると、
    そこにも楽しさがあります。
    ペンギンきょうだいが子供たちだけで、
    船で親戚の家に行くという。。
    夏休み、船、海、冒険、不安、わくわく、達成感など、
    いろんなものが感じ取れます。
    船長さんのハンバーガーランチ、種類があって、
    好きなものを選べてとても美味しそうな絵です。
    そして船長さんからよいこにおみやげ、
    到着するまでドキドキですが、
    子供にとってやってみたい冒険のような気がします。
    私はおばあさんの立場なので、
    到着したおじちゃんの家のページが印象に残り、
    黒電話で「無事着いて、みんなでアイスクリームたべてるところよ。。
    よくつれるルアー すごく気に入ってるわ!」なぁ〜んて
    セリフを想像してしまいました。

    投稿日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふね

    最近パパとママと日間賀島に旅行をした2歳2ヶ月の孫は、表紙の絵から、「ふね ふね」ととてもはしゃいでおりました。日間賀島に行ったときにふねにのったので、「ふね」も覚えて「ふね」と言葉が言えるようになった孫です。ぺんぎんさんは、ビーチランドで何回もあっているので、3兄弟が理解できたか疑問ですが、ハンバーガーがとても気に入って「ハンバーガー ハンバーガー」と、とても食べたそうなので、マックにあわてて走りました。(笑)食いしん坊な私に似てしまったようです。絵もほんわかして和みます。

    投稿日:2014/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット