ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…

鳥少年マイケル」 パパの声

鳥少年マイケル 作・絵:トミー・デ・パオラ
訳:湯浅 フミエ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1983年09月
ISBN:9784593501786
評価スコア 3.67
評価ランキング 33,372
みんなの声 総数 2
「鳥少年マイケル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「公害」は死語ですか?

    のどかな暮らしを送っているマイケルの家が黒い雲に覆われてしまいました。
    作物は枯れ、動物たちは汚れてしまいました。
    かつては公害と呼び、工場が環境を考えることなく吐き出していた煙のせいでした。
    日本では高度成長と呼び、世界でもこぞって様々に技術革新を行っていた時代。
    そのために経済は発展し、そのために環境は破壊されていきました。
    この絵本は、そんな時代を痛烈に風刺した絵本です。
    マイケルがどうして鳥少年なのかはわからないけれど、化学工場で人工的なはちみつをつくろうとして掃出した煙が、どうして必要だったのか、その時代ならば意味があったことはわかります。
    蜂からはちみつをつくればいいじゃないか。
    当たり前のことが、工場ではベルトコンベアで蜂を流して、はちみつを生産しようと、とんでもないことを考えます。
    こんな勘違いがあったことも大人は知っています。
    あたりまえにはちみつを作って、当たり前に自然を考えること。
    この大切さを、大人たちが思い出しつつあることを、子どもたちにも伝えなければいけない。

    環境問題は誰もが知っていることだけれど、どうして環境のことを考えなければいけなくなったのか、それはちょっと曖昧にされているように思いました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット