キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

サンタさんのいたずらっこリスト」 みんなの声

サンタさんのいたずらっこリスト 作:ローレンス・デイヴィッド
絵:デルフィーヌ・デュラン
訳:石津 ちひろ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784097273592
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,415
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 子供の反応がおもしろかったです

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳、女の子4歳、

    小1と年少の子供に読みました。

    いつもクリスマスが近くなると、言うこときかないとサンタさん来ないよ〜と子供たちにちょっとおどし(?)をするんですが、なぜいい子でいないと来ないのかっていうのが、この絵本に書いてあります。

    悪いことがいい事より一個でも多ければ、プレゼントが来ない。でも、悪いことをした理由があるはず、とサンタさんの子供が世界中のいたずらっ子リストに載ってしまった子供たちに会いに行きます。

    それをよんだうちの子供たちは、そんなシビアだってことに焦っていました。

    その後、たまたまクリスマスの映画を見たんですが、同じような内容だったので、さらに真実味が増してきて、クリスマスの前日は二人とも本当にサンタが来るのが心配していました、笑。

    クリスマス頃に読むと親はクスッ、子供はハラハラな気分になって楽しいと思います。

    投稿日:2012/12/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • どきどきしたみたい

    サンタさんのいたずらっこリストになまえがのってる
    こどもたちは、クリスマスプレゼントがもらえないんだって。
    かなしくなったピーター(パパサンタとママサンタのこども)が
    リストにのっている子どもたちをなんとかしたいと活躍します。
    ママサンタがいたんだっていうだけでも新鮮だったのですが
    子どもまでいたなんて!とびっくりしました。
    娘は、読んでもらいながらも、急に心配になってきたらしく
    しおらしくしていました(笑)。
    「今日はピアノの練習をしなかったから、明日の朝、幼稚園に
    行く前にやる!約束する!」と自分から言い出したりもして。
    サンタさんの存在は夢もやる気もあたえてくれるのだなあと
    うれしくなりました♪

    この絵本、挿絵もとってもかわいらしいですが、文字も
    かわいらしいフォントでいいなって思いました。

    投稿日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスは、良い子の為のもの?「いい子にしてたらね。サンタさんからプレゼントがくるよ。」なんて、どの家庭でもいわれてるかも。「あの意地悪な子も、プレゼントもらえるなんて…。」という疑問をもったいる子もいたりして。
     そんな子たちに、ぴったりだと思って、児童館の読み聞かせで使いました。ほっこりと、優しい気分になりました。

    投稿日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供のいたずらに困ってるお母さんに

    4歳長女に読みました。もうそろそろクリスマスの絵本をと思い借りてきました。

    借りてきて大正解。とっても楽しかったです。サンタさん一家(サンタパパ、その奥さん、息子)のお話なのですが、いたずらっこリストというのがあって、いいことよりいたずらしたことの方が多いと、クリスマスにプレゼントの配達がないんです。

    我が家では「いたずらっこリストに載ってるんじゃないか?」というと半泣きになっていましたが(笑)いたずらに困っているお母さん達がコレをお子さんに読んであげると、クリスマスまではちょっといい子になってくれるかもしれません。

    投稿日:2012/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマス前に活躍してくれる絵本

    クリスマス前に、図書館で『クリスマス』に関する絵本を借りてきました。

    悪い子していると、プレゼントがこないかもね。というのは、クリスマス前の大人の決まり文句ですが、それを可愛く子供にもわかりやすく物語にした楽しい絵本です。まだまだサンタを信じている娘は、数々の自分のいたずら(悪事)にドキッとし、これを読んでからは、いい子になろうと必死です。クリスマスにプレゼントを無事ゲットしてからは、いたずらっこリスト効果はそんなにありませんでしたが、また今年のクリスマス前に活躍してくれることを期待しています(笑)

    絵もマンガちっくでサンタさんも愛嬌がありとっても素敵です。

    投稿日:2012/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 焦っている姿がかわいかった

    • たまなこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 7歳、4歳

    3年生の読み聞かせでこの本を選びました。

    3年生ともなるとサンタさんの存在を信じている子がいるか、信じていない子はどんな反応をするか気になりましたが、意外と信じている子の方が多く、読み終わった後焦っている様子の子供達がとてもかわいかったです。

    高学年の読み聞かせには向かないかな…と思いますが、3年生位までは楽しんで読めると思います。

    ゆっくり読んで12分でした。

    投稿日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 悪い子にもプレゼントが!

    なにか思うところがあるに違いありません。神妙な顔で聞いていました。
    そして「よかったぁ」と呟いて終わりましたから。

    サンタの孫なのにプレゼントを貰っていない衝撃から、ぐいぐい子どもを引き込みます。
    もしかして私も僕も……、誰もが思うのかもしれません。
    というか、描かれているいたずらは、そりゃプレゼントなんかもらえないよと娘も言ったほど素晴らしい。

    でもやり直す機会が与えられること、周囲の大人が快くやり直させてくれること。
    いたずらっ子に読んでみて下さい。とりあえず娘は真剣そのものでした。

    投稿日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちはひやひやです。

    そこらじゅうでクリスマスの飾り付けや
    歌が流れ出すと、子どもたちの話題は
    クリスマスにサンタクロースが持ってきてくれる
    プレゼントのことばかりです。

    今年はおりこうさんにしてたもん。
    なんて夢がいっぱい膨らむ季節にぴったりの
    1冊です。

    サンタさんのプレゼント工場に
    サンタさんの家族。
    サンタさんの、家族が協力してプレゼントを
    配っているあたたかさも何だか他にはなくて
    好きです。


    この絵本を読み終わると
    「みんなはいたずらっこリストに名前が
     かかれてないかな〜」と子どもたちのひやひやした
    反応をうかがうのもかわいらしくて私は
    大好きです。

    投稿日:2007/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 来年も使えそう!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子10歳、男の子3歳

    毎日のようにサンタさん来るかな??と言っている次男くんへ読みました。
    悪いことをした数と良いことをした数の多い方でプレゼントがもらえるかどうかが決まります!!
    いたずらっこリストの書かれているともらえないので、サンタさんの子供はリストに書かれている子のところに行って、教えてあげます。
    何か良いことしたらリストから外してあげるよと言われたリストに名前が書かれている子供たち。
    良いことをしてリストから外してもらいます。
    息子にも、良いことを悪いこと、どっちが多かったと思う??と言ってみて。
    これから良いことしたらサンタさんが来てくれるってさ♪と母(笑)
    絵本を読んでから、サンタさんのいたずらっこリストにのらないようにと言ってます。
    これは来年も使えそうだな。
    息子たちにサンタさんは来てくれるよね♪

    投稿日:2017/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かのために

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    え〜! 良いことといたずらの数を比べて、一つでもいたずらのほうが多かった子は、いたずらっ子リストに入れられてしまうの!?しかもいたずらっ子リストに入れられると、プレゼントがもらえないなんて・・・
    サンタさんの子供のピーターは、何とか子供たちみんながプレゼントをもらえるように、パパサンタに交渉しました。
    いたずらをしたわけを話し「誰かに何か良いこと」が出来れば、プレゼントはもらえることに!

    ピーターは子供たちと一緒に、皆の家を回ってそれぞれが良いことをする手伝いをしてみんなみんなもらえるようになりました。
    最後に自分は・・・と思ったときに、パパサンタは「いたずらっ子の子供たちを助けたのはお前なんだよ」 と、いうことでピーターも無事にプレゼントをもらうことができるでしょう。

    本来の、「クリスマスとは誰かのために何かを考えることである」ということを楽しく教えることができる、素敵な絵本でした。

    投稿日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / きょうはなんのひ? / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット