あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

へそのお」 みんなの声

へそのお 作:中川 ひろたか
絵:石井 聖岳
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784569685045
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,433
みんなの声 総数 39
「へそのお」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

39件見つかりました

  • へ〜!

    きりのはこの中にはいっていた、貝の干物みたいなもの。
    これはへそのおっていうんだって。
    お母さんのおなかの中にいたとき、おかあさんとつながっていたものなんだって!

    そんなへそのおから、おへそのお話、へそのある動物、へそのつく言葉というふうにお話は展開していきます。

    息子も「へ〜」といいながら、聞き入っていました。

    へそのおってそういえばみせたことなかったな〜。
    今度ちゃんとみせてあげよう。

    おなか出して寝てると、かみなりに食べられちゃうときいて、
    ちょっとびびって、必死におなかをかくしてた息子でした(笑)

    投稿日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の絆

    お母さんからへそのおを見せてもらった男の子のお話です。

    おそらくお母さんは妊娠しています。
    第二子が生れる前に、お兄ちゃんになる前に、男の子に命の誕生の話をしたかったのではないでしょうか。

    この絵本を通して、へその緒の役割や命の繋がり、親子の絆を教えてくれると思いました。
    なんだか温かくて良い絵本でした。

    是非、子どもが自分の誕生に興味を持った時、読み聞かせてあげたい一冊です☆

    投稿日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少しだけ早かったかな?

    赤ちゃんが出てくる絵本をとても喜ぶ子どもたち。

    この絵本は、みんながオナカの中に居た時の事も
    描かれているのでとても興味を持って観ていました。

    「みんなも、こうしてママから栄養をいっぱいもらってたんだよ」と
    教えてあげると、思わずにっこり。

    「じゃあ○○は?」などと、お兄ちゃんや弟などの名前を
    出して興味津々で質問だらけでした。

    日本の真ん中をおへそっていう、あたりから少し
    年少さんの子どもたちには??ハテナマークがとんでいましたが
    おへそとおへそで、つながっていた神秘的なお話に
    夢中になっていました。

    もう少し大きくなったら、もっと楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2008/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おへそは大事

    • キュロさん
    • 30代
    • ママ
    • 山梨県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    5歳の子には、ちょっと難しいところもありましたが、
    『へそのお』には、興味を持ったようで、
    「どうやってお母さんとつながっていたのか」
    「産まれたらなぜ切るのか」
    などと質問攻めにあいました。

    おへそを出して寝ていると、雷さまにとられる
    というのが、子供には印象深かったようで、
    一生懸命パジャマの裾をひっぱっておへそを隠していました。

    投稿日:2008/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命を受け継ぐ神秘さ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    心がほわっと温かくなる絵本です。
    へその緒って、ほんとに不思議です。
    初めて母に見せてもらったときの、驚き半分、喜び半分を思い出しました。
    わが子には見せてなかったなあ。
    今度、見せてやろうと思います。
    どんな反応をするか楽しみです。

    いろんな「へそ」の説明もおもしろいです。
    「へそ」が大切だってことがよくわかります。
    最後のページがなんともいえない幸せな気持ちを表していて素敵です。

    投稿日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『おへそのあな』(長谷川義史)をちょっとかじり、『うちにあかちゃんがうまれるの』(いとうえみこ)でへその緒を切る写真を見た後のセレクトでした。
    そりゃもう興味津々で聞いてくれました。
    おへそでお母さんと繋がっていたなんて。お母さんがたまらず食べちゃう(自分はなかなか食べさせてもらえない)甘い物が日々流れ込んでいたなんて(笑)
    なんて不思議なへその緒。そりゃ見せて欲しくもなりますよね。
    たくさんたくさん妊娠中の話が出来ました。お兄ちゃんお姉ちゃん予備軍なら、気持ちを育てる機会にもなりそう。

    へその緒話だけでなく、へそ全般に話が及んでいたのは読み応えあります。
    地球や他の物にもある”へそ=中心”の意味は娘にはまだ捉えきれませんでしたが、母はネーブル話など、へ〜ぇ知識を仕入れました。
    小学生くらいがドンピシャじゃないかな。

    投稿日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子はお腹の中にいたときの話を聞くのが大好きです。
    この絵本を見て、お腹にいたときの絵が載っていたので、「こうしてたの?」とまねしていました。
    へその緒の話も、それとなくはしていましたが、この絵本は本当にわかりやすくていいですね。

    へそがある生き物とない生き物に分けて書かれているページも面白かったようです。
    「へそまがり」や真ん中の意味の「へそ」のことも学べます。
    (息子はこの辺りは全然わかっていませんが。)

    日本人ってやっぱり素敵だなぁとも思いましたし、親子のあたたかい会話に癒されました。
    もう少し大きくなったらまた息子と読みたいです。

    投稿日:2007/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • へその緒からおへその話まで

    「へそのお」なんて話してわかるかな?そう思いながら、読み始めたけれど...
    ちゃんと、うちの子、知っていました。へその緒。
    去年、姪っ子が生まれた時、おむつ替えのたびに見ていたみたい。その時、6歳だった娘は、けがしてるのかと思い、3歳だった息子は、うんちがついてるんだと思ったらしいのですが、それがへその緒。
    ということで、とても興味を持って聞いてくれました。
    おなかの中で、お母さんは赤ちゃんとへその緒でつながってたんだよ、という話から、おへその話へ。
    哺乳類には、おへそがあるけど、カエルにはない。
    おへそは、おなかの真ん中にあるから、性格がひねくれてることを「へそまがり」っていうとか。
    あと、アメリカでは、おへそは、ネーブルっていうとか。
    「へその緒」から「おへそ」に発展するお話が、子供にも、とってもわかりやすい説明で、そうなんだ、そうなんだ、へぇって7歳の娘は、感心しきりでした。

    投稿日:2007/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音読することで広がりを持つ絵本です♪

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    お母さんと子供とのつながり…を感じる素敵なお話。
    臍にまつわる豆知識もたくさん書かれていて
    「読み聞かせ会に良いかも♪」と音読をしていました。
    そしたら…横で息子が笑ってるんです。
    ボーっとしていて気がつかなかったのですが
    どうやらだ洒落があった様なのです。
    そんなお楽しみに直ぐ気がついて 
    終わりまでしっかり聞いてくれた息子。
    そしたら…最近ではほとんど言わない
    「もう1回♪」のリクエストがありました。
    「今度は 英語の先生のセリフを
    もっと外国人らしく読んでね!」ですって。
    言われた通りに読んでみますと
    駄洒落の場面と 英語の先生の場面で大笑い☆
    私が感じて欲しい部分とは違うところでウケていますが
    読み方1つで 
    こんなにも絵本の受け取り方・感じ方が違ってくるんだなぁ…
    と改めて思いました。
    久々に聞いたもう1回♪に 
    こんな読み方も良いもんだ…と感じたりもしました。

    投稿日:2007/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • へそにまつわるお話が面白い

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    母とお腹の赤ちゃんを結んでいた大事なへその緒。
    知っているようで、子供たちは、知らないことが多いようで、お話会で読んでもらったのですが、皆が真剣に聞き入っているのがわかりました。
    へそにまつわるいろいろな話が盛り込まれており、知識絵本という雰囲気もあります。
    また、へそが入っている言葉についても触れていて、軽くお勉強になりました。
    でも、笑ってしまうところもあり、最後まで楽しめる絵本です。
    行間休みのお話会で、途中で予鈴が鳴ってしまったのですが、誰一人帰ろうとせず、集中していました。
    みんな面白かったのね。

    投稿日:2007/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット