新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

バムとケロのさむいあさなかなかよいと思う みんなの声

バムとケロのさむいあさ 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:1996年12月
ISBN:9784894231580
評価スコア 4.81
評価ランキング 266
みんなの声 総数 374
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • かいちゃんとの出会い

    バムとケロのシリーズは、キャラクターや画面の面白さがあり、はずれがないように思います。特に細部にまでこだわった小物やキャラクター達が1ページ毎に、それぞれの動きをしていて、何度も楽しめる絵本だと思います。
    他の作品でも登場する「かいちゃん」との出会い、キャラクター性がよく出ている作品です。
    3歳の子に読みましたが、シリーズの他の作品に比べ、今回は漫画的なコマ割りをどこまで理解できているか、少し不安がありました。もう少し大きくなってからの方がより楽しめると思うので、兄弟で読むのに良い絵本かなと思います。

    投稿日:2020/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつでもやっぱり楽しい、バムとケロ!

    今回もいつもどおり素敵で楽しいバムとケロのお話でした。

    思わず「かいちゃん、かいちゃん」と突っ込みたくなるかいちゃんもとても魅力的でした。

    バムとケロはどんな季節も状況も楽しいものに変えてしまうので、本当にすごいと思います。

    投稿日:2020/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字が少なく絵と色がポップなので子どもに選びました。小さい子どもにはページ数が多いので、三分の一程度に分けて読みました。寒い朝、こおってしまったあひる、バムがせっかくとかしてあげたのに、バムがうとうと眠ってしまい・・・。コントのような最後に笑ってしまいました。また家に連れて帰るのでしょうね。かわいいエンドレス、楽しい絵本でした。

    投稿日:2016/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かいちゃんとの出会い

    寒い寒い冬の朝、パムとケロちゃんが、池に行くと
    白い鳥が、池に張った氷の中で動けなくなっていました。
    たいへんたいへん!おうちに連れて帰って、暖かいお風呂で
    溶かします。
    すっかり温まって、おうちで3人で遊ぶ様子が楽しいです。
    このシリーズは、お部屋の様子がいつもとびっきりかわいいです。
    チェアとかほしくなります。
    白い鳥はかいちゃんだったのです。
    星を見るのが好きなんですね。

    投稿日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケロちゃんかわいい!たまらない!!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    ケロちゃんがいつも以上に可愛くてたまりません。
    お風呂上がりにビショビショで部屋に戻ったり
    トイレットペーパーでミイラごっこをしたりと
    相変わらずの困ったちゃんですが、
    新しいおともだちのかいちゃんに、持っている
    ありったけのおもちゃを見せてみたり、
    かいちゃんが帰っちゃったことを知って
    突っ伏して落ち込んだり。まるで、我が息子を
    みているようで、いとおしくなります。
    そんな息子は、お風呂のなかでのおならのシーンに
    大ウケ。バムとケロのにちようびを先に
    読んでいたこともあり、かいちゃんが
    凍った池にくっついて動けなくなっているシーンも
    またぁー?!といって大笑いしてました。
    シリーズのなかでも、読んでともってくる
    登場回数が多いお気に入りの一冊です!

    投稿日:2016/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音で読みたい

    「バムとケロのそらのたび」が2歳の娘にとっても好評で
    同じキャラクターが表紙に描かれているのを見て、
    娘がこれよんで、と持ってきました。

    こちらの絵本はストーリーはとってもシンプル
    冬の寒い朝湖に遊びにいくと新しいお友達が凍り付いていました。
    ケロちゃんはこの新しいお友達がすっかり大好きになって
    いっぱいいたずら?遊びをします
    でも朝起きるといなくなってしまいます・・・。

    娘はまだお別れ、という概念がないので
    単純に「ばいばいしたね」と言っています。
    でもケロちゃんたちがいろんな遊びをするのを
    「ぶるぶるー」「ぶくぶくー」「ぐるぐるー」と
    楽しんでいます。

    このシリーズの本は、ストーリーは2歳にはちょっと難しいかな?と思われるのですが
    話の中のページ一つ一つは2歳でもわかる、簡単な擬音で置き換えられるようなネタなので
    小さい時も大きくなってからも楽しめる絵本です

    投稿日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • バムとケロの他のシリーズは持っていたのですが、カイちゃんとの出会いは冬だったのか〜と知りました。特にケロちゃんがカイちゃんに夢中になって、どうにかしていっしょに遊ぼうと必死になっているところが、子供には大うけでした。大人も子供も一緒に楽しめる本だと思います。

    投稿日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • バムとケロシリーズ

    バムとケロシリーズはこれまでにも何冊か読んでいて子供もお気に入りです。この本も図書館で息子が見つけ、読みたいと、借りてきました。
    ストーリーもかわいらしいのですが、なんといってもこの本の魅力は、イラストを隅々まで楽しめるところです。
    息子もバムとケロのおうちのなかにあるものが気になって仕方ないらしく、なかなか次のページに進まないということも少なくありません。
    裏表紙まで楽しめて今回も読みごたえのある一冊でした。

    投稿日:2015/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケロちゃんがおならをするところで、決まって大笑いする娘に読み聞かせています。

    ケロちゃんがあひるのかいちゃんを気に入って、遊びたがるのが、
    とてもかわいらくして、ほほえましいです。

    マンガのようなコマ割りを娘に読ませるのが少し難しかったですが、
    内容的にはコミカルな面白さがあります。

    初めてこのシリーズを読みましたが、ほかのもぜひ読んでみたいと思いました。

    投稿日:2015/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感じて楽しむ絵本

    3歳0ヶ月の息子に図書館で借りました。
    「そらのたび」と「おかいもの」は持っているのですが、シリーズのほかのものを含めて、今回は一気読み!
    息子も私も楽しんで読みました。

    これは3作目。
    なので、火曜日で始まります。
    かいちゃんという、あひるさんが登場です。
    こちらも、他愛もない、ほんわか、ドタバタ話。
    お風呂が気持ち良さそう。バスタブがかわいいです。
    息子はトイレットペーパーでのミイラごっこに夢中。
    そしておじきちゃん探し。

    なんというか、話としては奥が深いわけではないのだけれど、
    食べたり、遊んだり、寝たり、掃除したり…という場面が多く、
    それが、とっても五感に訴えるのではないかなあ。
    そして、直感的に子どもの共感を生むのではなかろうか。
    かつ、ちょっと可愛いところが母親の興味をひいたり。

    読んで楽しむというより、感じて楽しむという絵本だと思いました。
    ガラゴシリーズもすぐ図書館で予約したので、一緒に読むつもりです

    投稿日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    ♪ゆきや こんこ あられや こんこ…。はたこうしろうが描く雪景色が美しい絵本。
  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット