しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

にんじん自信を持っておすすめしたい みんなの声

にんじん 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1969年11月
ISBN:9784834002171
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,848
みんなの声 総数 158
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

82件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • にんじん

    にんじんが好きな動物がたくさん出てきます。嫌い、苦手などのマイナスの言葉はなく、おいしい、だいすきの言葉ばかり。なんだか、ほっとできる絵本です。無理強いは今はあまりしませんが、お友だちがおいしいと食べているのを見ると食べれる子もいるんですよね。シリーズの中でも好きな絵本です。

    投稿日:2019/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • せなけいこさんの本がブームだった、2歳前の次女が気に入ってよく読んでいました。にんじんが好きな動物が沢山でてくるのが楽しいようです。最後に、にんじんを好きな子のときに娘の名前を登場させて終わりにしたりして読み聞かせていました。

    投稿日:2019/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみは小さい

    娘が10ヶ月のころに購入しました!
    だんだん言葉を理解してくるようになり
    だんだん「ねずみさんはちいさい」
    「ぞうさんはおおきい」と理解するように。
    子どもの成長をしっかりみれた絵本でした。
    動物もこの絵本で初めてしっかり覚えたような気がします。

    投稿日:2018/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • にんじんが食べられそうになる絵本

    にんじんの好きな子だあれ?から始まり、いろんな動物たちがにんじんを食べる姿が描かれていきます。大好きな動物たちがおいしそうに食べてたら、自分も食べてみようかなと思う不思議な魅力の絵本です。子どもに購入したくなりました。

    投稿日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • もともとにんじんが嫌いな子ではありませんでしたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    この本で、自分がにんじんを食べる時は誇らしげに食べるようになっていました。うさぎさんが3匹出てくるページがお気に入りのようで、真似して「ぼくよ、ぼくよ」と言って楽しんでいます。自分がうさぎさんを好きだから真似をしたいのでしょう。

    投稿日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵がかわいい

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    上の子(4歳)も下の子(0歳)も生まれたころから
    読んできたおなじみの一冊です。

    動物たちがおいしそうににんじんを食べる挿絵がかわいいのと
    最後のページ「にんじんすきな げんきなこ だあれ」
    を読んだあと、ついつい我が子の名前を呼んで「はーい!」と言わせたくなっちゃいます。

    投稿日:2014/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれた時からよく見てくれます

    • 野風さん
    • 20代
    • ママ
    • 大分県
    • 女の子0歳

    にんじんを食べるたくさんの動物が、とってもいい表情ですね。
    絵が大きく、はっきりしているので、7ヵ月の子供もよく見てくれます。

    離乳食が始まったので、にんじんをあげるときには、絵本を見せています。

    いつか「にんじんすきな げんきなこ だあれ」と言ったら
    「はぁい」と言ってくれるかな?楽しみです!

    投稿日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初に好きになった本。

    出産のお祝いでいただきました。

    半年くらいから、当時家にあった絵本の中で
    1番のお気に入りに。
    なんでも口にいれてしまう時期で
    ハラハラしながら、ふやけてしまったところや
    破ってしまったところを補修しました。

    最初は、ぶたさんのページと
    最後の男の子のページがお気に入りで
    そのページになるとニコニコ笑ってました。

    8ヶ月すぎて指差しができると
    離乳食でにんじんをあげるときに
    『にんじんすきなこだあれ』と聞くと、
    はっ!とした顔をした後に、絵本がしまってある
    棚を指差したり、
    10ヶ月くらいには、絵本を見ながら
    手を合わせていただきますしたり、
    ぶたさんをゆびさして『ぶ!』と言ったり。

    一歳をすぎた最近は、かばさんのページが
    好きで、かばさんが大きな口でぱっくり
    食べる真似をすると、何度もそのページを
    開いて指差してます。

    これからもながーく楽しめそうな
    お気に入りの大事な本です。

    投稿日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古さを感じさせません

    1969年発行のこの絵本、なのに時代とか古臭さを感じません。
    むしろ時代を経てなお新しい印象をもってしまいます。
    それほどせなけいこさんの感性はみずみずしいのでしょう。
    うちの息子も、せなかいこさんの絵本になるととても強い興味を持って見ています。
    これもその1冊で、人参と動物達とのコラボレーションがとっても楽しい絵本です。
    ウサギ3匹は本当にキュートでハートを奪われてしまいました。
    最後のページの男の子はなんとなく息子を彷彿させて、これまたハート奪われ。。。どのページも愛くるしい動物でいっぱいのにんじんの絵本です。

    投稿日:2013/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日読んでいます

    2歳と0歳の子に毎日読んでいます。
    「本読む〜。」と娘が持ってくるんです。
    「にんじんすきなこだあれ?」
    と読むと元気に「は〜い!!」と返事をしています。
    にんじんも絵本出でくる動物のようにおいしそうに毎日食べてくれます。
    せなけいこさんの絵本はどれもお気に入りのようで毎日読んでいます。

    投稿日:2013/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

82件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(158人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット