話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

どこにいるの、おじいちゃん?なかなかよいと思う みんなの声

どこにいるの、おじいちゃん? 作:アメリー・フリート
絵:ジャッキー・グライヒ
訳:平野 卿子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1999年
ISBN:9784033284705
評価スコア 3.63
評価ランキング 42,404
みんなの声 総数 7
「どこにいるの、おじいちゃん?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生と死を考えるとき

    9月16日は敬老の日です
    102歳の私の友のお父さん 私の母は92歳  身近な人で 明治・大正・昭和・平成という時代を生き抜いた人がいます。
    一方で身近な人がこの世を去りました 病気だったり 事故だったり
    人の死に方は違います
    一方 お母さんから生まれた赤ちゃんもいます

    この絵本は ドイツの作家のお話しです

    おじいちゃんが死んで棺のなかにいます
    ブルーノという男の子はおじいちゃんが大好きでした

    死をどう受け止めたらいいのか、分かりません

    「死んだらどうなるの?」お兄ちゃんは、お墓だよ。お父さんは、お空だよ。」こんな答えにブルーノはとまどいます
    お母さんも話してくれます。
     まだ小さいブルーノはむつかしいのですが・・・
    「たましいって おじいちゃんのやさしい気持ちがつまっているところのこと?」

    なかなかおじいちゃんの死を受け入れられませんでしたが・・・だんだん時間がすぎていきます・・・

    子どもでも死を子どもなりに受け止めています。
    そして 自分が大人になったとき  いろんな事を考えるのでしょうね

    ブルーノは、おじいちゃんの写真を見て「おじいちゃんのこと ぜったいわすれないよ」 すると どこかとおいところから おじいちゃんがわらいかけたような気がしました
    お墓参りにも行きます
    (読んでいると、なんだか 涙がでてきます)
      
    だんだん 時がたち 1年がたちました 

    そんなとき ブルーノのおばさんに赤ちゃんが生まれます

    死と生 人間は生きている限り 生まれて死んでいきます

     お話しを読んでいると いろんな人の死  私の周りの人の顔が
    頭をよぎってきました

    投稿日:2013/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死というものを

    • まかりずはさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    悲しい事実を、子どもの感覚でそう悲観することもない、「死」をちょっと分かっているようでわかっていないような描き方が好きです。
    個人的には、実父が亡くなった時、娘が3歳でした。何となくそういう感じがわかる気がする絵本でした。

    投稿日:2011/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • セピア

    あどけない表情の主人公が愛らしかったのでこの絵本を選びました。配色がセピア色を中心にされており、文章とぴったりと合っているのが素晴しいと思いました。主人公の気持ちがひしひしと伝わってくるのが良かったです。周りの人の説明に納得できない時に自分なりの意見をしっかりと持っているのが素晴しいと思いました。人の一生の美しさを感じられる絵本でした。

    投稿日:2010/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / わたしほんがよめるの / かこさとし からだの本 (2) たべもののたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット