日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

新装版 秋山仁先生のたのしい算数教室 身長と体重はたし算できるかな? 新装版自信を持っておすすめしたい みんなの声

新装版 秋山仁先生のたのしい算数教室 身長と体重はたし算できるかな? 新装版 作:木幡寛
絵:秋山 仁
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\2,500+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784591115985
評価スコア 4
評価ランキング 27,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 算数の基本、「数」について、絵を使って説明してくれる絵本。
    数とななにか? いろいろな数え方(二進法、十進法、昔の数え方など)、桁について、大きな数を体験してみる、足し算や掛け算の考え方…パズルのような感じで、絵を見ると自然に算数の基本がわかる仕組みになっていて感心した。

    最初の方の、1つという数え方が、ひつじやリンゴなどの絵で描いてあって、どんな格好をしていても「1匹」「1個」と数えるというのが良く分かった。これが足し算になると、鯨と牛は足せるか?と聞かれた。共通点があるなら足せるけど、共通点がないと足せない。
    ・哺乳類は何匹いますか? なら、2匹。
    ・牛は何匹いますか? なら1匹(鯨は数えられない)
    なんとなくできていたことが、しっかりきちんとした説明で裏付けられたので、納得できた。

    他にも体を使った数え方や、古代のいろいろな国の数字が紹介されていて、興味深い。勉強ではなく、ゲームや絵本(お話)のような感じで無理なく読めたので、大人の数字が苦手な人にもおススメしたい。
    こういうデザインを考えた人は、天才だと思う。

    投稿日:2019/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット