もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

えんぴつのおすもう自信を持っておすすめしたい みんなの声

えんぴつのおすもう 作・絵:かとう まふみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784033314006
評価スコア 4.15
評価ランキング 20,279
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文房具のえんぴつたちの相撲大会 なかなか おもしろい
    こんなのあったら 楽しいでしょうね
    いろんなえんぴたちの せい揃い   せいたかやま ちびたやま 
    そういえば 私が子どもの頃は えんぴつを大事に 小さくなるまで使った物です   なにかしら 親しみがわいてきます

    電気スタンドの土俵という発想もおもしろい
    はさみが大暴れ  自分たちだけする事がなくて 僻んでいて・・・・
    優勝戦は ちびたやま対 あかのはな  のこった のこった  
    なかなかの 迫力、そして やぐらなげ!!  なんと ちびたやまの勝ち
    優勝パレードのきれいなこと はさみのチョキチョキ兄弟が 生かされています
    みんなで喜べる 相撲大会 お話しはハッピーエンドです

    楽しいお話しでした

    投稿日:2013/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • はさみもお相撲をしたかったのですね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    たまに考えますよね。ここにある文房具達が、私達が寝静まった頃に動き出して何かしてたら面白いだろうなあって。そんな思いを具現化した本です。しかしこれだけたくさんの鉛筆が立ててある鉛筆立ても珍しいですね。笑

    投稿日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜に・・・

    子供はこのお話とっても興味ありました!!最近鉛筆にはまっているので、このお話は好きだったのかな!?夜中に物が動き出すって、子供のころによく読んでもらったような気がします!!うちの子も気に入っていて何回も読みました。

    投稿日:2012/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんぴつが相撲をとる???

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。夜の寝静まったころに鉛筆たちが相撲大会をひらきます。いろんな鉛筆たちが登場し、様々な技で勝ちあがっていきます。そして、そこへはさみ兄弟が乱入。なんだか、おもちゃのチャチャチャのえんぴつバージョンのようなお話ですが、おもしろい視点で描かれていますね。なぜ、鉛筆に命を吹き込ませたのかが知りたいと思いました。息子は純粋にお相撲として楽しんでいましたね。

    投稿日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お掃除も大変でしたねぇ〜(笑)

     息子がラストのページを見た後、扉絵に戻って夢中で見比べていたのを思い出します。
     『こんなことが、寝ている間に起こっているなんて』、と言うような顔で息子は聞いていました。
     お相撲が特別に好きなわけじゃなかったけれど、ずらり並んだ関取の四股名に、キャハハハと笑っていました。
     読んでいる私も、しっかりこのお話の世界に入り込んでいた様な記憶があります。
     チョキチョキ兄弟を降参させる方法に何となく笑いがこぼれました。
     幼稚園で、はさみも上手に使えるようになった頃でしたので、紙吹雪をたくさん二人で作りましたねぇ〜。
     お掃除も大変でしたねぇ〜(笑)。
     気づかず職場に、紙片をくっつけて行きましたねぇ〜(笑×笑)。
     懐かしい6歳の頃の思い出の一冊です。

    投稿日:2010/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どことなく昔の香りのするお話

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    図書館で表紙だけ見て、なんとなく気になったので、借りました。
    ちょっと昭和初期の香りがするような画風で、擬人化した文房具たちもどことなくスマートな感じがします。
    このスマートな文房具たちが、おしゃれな行動をするのではなく、お相撲をするところがいいですね。
    おしゃれな柄の鉛筆たちも楽しそうに参加しています。
    我が家にも小さくなった鉛筆がたくさんあるので、鉛筆のちびたやまの活躍には、思わず声援を送ってしまいました。
    素直に楽しく読めるお話でした。

    投稿日:2006/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット