新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

いろいろあってもあるきつづけるなかなかよいと思う みんなの声

いろいろあってもあるきつづける 作・絵:田島 征三
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784895726245
評価スコア 4.11
評価ランキング 23,360
みんなの声 総数 8
「いろいろあってもあるきつづける」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名通りだな、人生って

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    深く考えてしまう内容ですが、深く考えずに読んでみました。
    絵もとても個性的で、観れば観るほど、いろいろな思いを感じます。
    でも、あえて考えずに読みました。

    そうすると、素直に絵や文章が、心にしみ込んでいくようです。
    詩のような文章です。

    はじめは落ち込んでいたぼくが、最後には希望を持っています。
    中学生、高校生にも読んでもらいたいです。

    投稿日:2006/12/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろコラージュ

    田島征三さんの力強い作風をたっぷりと味わえる作品です。
    シュールな主人公が、シュールな光景の中をひたすら歩み続けるストーリーです。
    題名が意味深ですが、すでに主人公自体がいろいろなコラージュで造形され、
    行く先々でも雑多なコラージュとの出会いがあります。
    ややメランコリーな心情が、ポジティブな視点を見聞きし、前進する原動力にしている印象です。
    難解ですが、妙に心にストンときます。
    小学校高学年くらいから、大人までこの世界観を前進のエネルギーに。

    投稿日:2020/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生って歩き続けること

    大胆に抽象化された自分の姿、出会う様々なものの形に、躊躇した絵本ですが、何度も眺めているうちに得心しました。
    人生を感覚的に語っているのでした。
    石ころや空飛ぶカボチャは、人によっていろいろな物に置き換えられるのでしょう。
    くじけないで歩き続けること。
    田島さんのエールが聞こえてくるような絵本です。

    投稿日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は好きです。

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    簡単な言葉で、エールを送っているような絵本です。
    「人生って山あり谷ありさ、でも、いろいろあっても歩き続けよう」と謳う本なので、「人生とはなんだろう」と考え始める年頃のお子さんにはお勧めです。
    小学生では、今ひとつピンとこないでしょう。
    絵も極めて抽象的なので、娘は、「ページのどこのことを言っているのかよくわからなかった」という感想でした。
    ただ、私は、なんだかとても好きです。
    読んでいると清々しい気持ちになってくるのです。
    そう、まさに題名の通り、「いろいろあってもあるきつづける」なのです。「きっと出会うよ いいことに」と思いながら。

    投稿日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット