すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

いっぽんばしわたる one moreなかなかよいと思う みんなの声

いっぽんばしわたる one more 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1992年
ISBN:9784871100274
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,804
みんなの声 総数 11
「いっぽんばしわたる one more」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2作目の味

    前作「いっぽんばしわたる」の続編かと思い、手を出しましたが、
    似た趣向でも、こちらは全く違うものと言っていいです。

    前作は、動物たちが橋を渡る様子がコミカルに描かれ
    文もわかり易いものでしたが
    こちらは、橋を人間が渡るのですが
    ついている文が少し難しく
    小3の娘には、その面白さが理解できないようでした。

    人間と動物の違いの対比こそが面白いと思うので
    前作「いっぽんばしわたる」とあわせて読むことをおすすめします(^o^)/

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいですね

    one moreのほうから先に読んでしまいました。

    ちょっと小さめの絵本です。

    古本屋でみつけたので思わず買ってしまいました。

    右側に橋を渡る絵、左に文字・・・。

    とってもシンプルなお話ですが、

    五味太郎さんの絵本が大好きなので

    おとなしく見てました。

    ちょっとユニークさが伝わってなく、

    私一人でクスクス・・・といった場面も

    ありましたが、しばらく置いておいて

    またしばらくしたら読んであげたい。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな渡り方にけらけらけら

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。前作を読んでいなかったので、いきなりなんのことかわかりづらかったですが、いろんな形でいろんな橋を渡る・・・というそれが面白い絵本です。息子もけらけらけら笑って楽しんでいました。こんなのおかしーとかへんなのとかぶつぶついいながら親子で共感しあったりとコミュニケーションが絶えない絵本でしたね。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続編から読んでもおもしろい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    人それぞれ、いろんなことを考えながら、橋を渡っていきます。
    人の顔がちがうように、考えることはいろいろだなあと、当然のことを思いながら、読み進めました。
    本当は、続編のまえに、最初のいっぽんばしわたるを読むべきだったのですが、最後のオチはちゃんと笑えました。
    いっぽんばしに出会ったら、私はいったいどんなことを考えるだろう?と自問しながら読むのも楽しいです。
    ことわざが出てきたり、クイズが出てきたりするので、小学生以上の子向きかもしれません。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しい言葉遊び

    前作の「いっぽんばしわたる」を読み、続編があることを知って読んでみました。

    今回は、一本橋を渡るのが全て人間で、色々と考えたり、つぶやきながら渡っています。
    お気に入りは「側転から二分の一ひねって前方宙返り・・・」のページです。

    そして、前作同様にオチがついている所が期待を裏切らなくて好きな一冊です☆
    登場人物の男の子の成長がうかがえる続編ですね(笑)

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 橋を渡るひとたちの思い

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    たった一つの橋を渡るにも人それぞれ思いがある。前作とは違って今回は渡るのは全て人間です。石橋を叩いて渡る人・哲学的な人・計算して距離を測る人・・・その他諸々。最後のオチはさすがに五味さん。おっとっと。笑わせてくれます。様々な動物が登場することから前作の方が笑いに幅がありました。漢字も混ざってますので小学校低学年向き。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット