もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

はりきりみかん」 みんなの声

はりきりみかん 作・絵:じゃんぼ かめ
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1991年
ISBN:9784337015067
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,968
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

46件見つかりました

  • やんちゃな、みかんの子!

    げんきなみかんの子どもが主役です。
    可愛いおはなしかと思いましたが、
    いやいや、「可愛い」だけではありません!

    背中がかゆくて、テーブルの端で背中をかいていたら・・・
    そんな場面が、なんだかシュールです。
    みかんの子どもの行動が、なんだか人間の子どもにそっくり!
    こんなやんちゃな子、本当にいそうです。
    このシリーズの中でも、好きなおはなしでした。

    投稿日:2016/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲラゲラ笑える楽しさ

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    4歳の次男に読みました。

    元気いっぱいのみかんの坊やが主人公。元気すぎて落ち着きがなくて、なんかやらかしそうな予感。うちの子と同じ・・・。

    やっぱり皮が破れてしまいましたね。でもそれがまた面白いようで、息子はゲラゲラ笑って聞いています。

    投稿日:2016/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子がみかんくんになったかと思ったよ。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。
    私たちにとって3冊目となったじゃんぼ かめさんのくだものシリーズ、
    3冊目で娘と気づいたことは、
    ちゃんと産地や季節も合ってる!!!

    ばなな一家さんのときは、暑かったのでした。
    そしてみかんくんのおうちには、こたつ!

    ばなな=暑いところでできるんだよ。
    みかんくん=冬はみかんの季節だよね。

    という、下手したら小学校か中学の社会の内容が、
    こんなにさくっと絵本で描かれていて、
    うーん素晴らしい!
    こうしたちょっとした知識もさりげなくもりこんである絵本、
    大好きです!

    と、肝心のみかんくんは、
    家の中でソファーの上で飛んだり跳ねたり、
    こたつでわさわさしたり
    せなかをぎーこぎーこ書いてみたり洋服(皮だけどね)破ったり。

    どっかで見たことあると思ったら、うちのお兄ちゃん(10)じゃん!

    と叫んだ私に、「なんでオレがミカンなんだよっ」と、
    2メートル先から飛んできた怒声。

    本人はみかんと一緒にされて本当に怒っていたようでしたが、
    息子のおかげでみかんくんの落ち着きのなさにとっても親近感を感じた
    私と娘でした。

    投稿日:2016/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やぶれたら、縫う?

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    うちの子がなぜか好きなシリーズ、みかんの回。
    こどもみかんが張り切って背中の皮を破ってしまう話でした。
    みかんは、むいて食べるものだよね・・・
    なんだか違和感しかないのですが。

    フルーツが擬人化されて子どもには楽しいのですね。
    小さなお話ですが、果物を覚えるのにいのかもしれません。

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • みかんの皮が

    だんだんと寒くなってきて、スーパーでもミカンを見かけるようになりましたね。
    主人公のミカンの坊やは、ちょこまかと動く元気な子だなと思いました。
    背中をこすっているときにはハラハラしながら見ていましたが、やっぱり、皮はやぶれちゃいましたね。

    投稿日:2014/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いです

    2歳次女が借りてきた絵本です。絵がとっても可愛く、字も大きく読みやすい。そして可愛いお話です。とんだり跳ねたりじっとしてないこどもみかん。まるで我が家の次女のよう。背中の皮を破いて風邪をひいてしまったこどもみかんに、お母さんは看病。私だったら怒って、こんな優しくできるかな?と思いながら読みました。楽しいお話でしたが、「はだかんぼばなな」にはちょっと負けるかなと思ったので、−☆1つにしました。

    投稿日:2012/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕草が可愛い

    「えほん くだものむら」シリーズです。「はりきりみかん」は、今の時期にぴったりです。みかんが大好きな孫です。いくつでも欲しがりますが、3つ位にしてもらいたいと思います。身近なみかんなので親近感が持てました。こどもみかんは、とても元気で少しもじっとしていられなくて、まるで孫のようです。でんぐりがえりすること出来ない孫ですが、飛んだり跳ねたりも出来ないですが気持ちだけはいつもそうしたいと思っている孫です。こどもみかんの仕草がとても可愛かったです。

    投稿日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせしてくれるほど好き

    はりきりみかんはやんちゃな子ども。
    その設定が娘には共感できるようでお気に入り。
    じっとしていない。こたつで背中をかいたら皮がむける。お母さんに怒られそう。風邪を引く。
    すべての流れが、あり得ないけどどこか共感できるようです。
    3回読んだら、だいたいの話を覚え、1日に何回も読み聞かせをしてくれました。
    絵も可愛いので、読んでいるだけで元気になれる1冊ですよ!

    投稿日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもらしい

    子どものみかんのお話です。

    背中の皮を破ってしまった時に、お母さんに見つからないようにとごまかす姿が可愛らしく描かれていました。
    子どもらしい発想で絵本の内容が構成されているので、子ども達にとっては自分と照らし合わせて楽しむ事が出来る絵本だと思いました。

    子ども達に是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • みかんは じ・ぶ・ん?

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    はりきりみかん・・・

    語呂がとってもいいですよね♪
    みかんのおいしい季節になりました。
    みかんを見るとついつい読んでほしくなるようです、うちの娘。

    はりきり・・・というだけあってとっても元気なこどもみかん。

    ちっともお母さんの言うことを聞かないのは 自分の姿に通じるのかな・・?

    コタツも登場しこれからの季節にピッタリです!

    コタツをでたりはいったり・・・
    いかにもきっと自分でしょう・・っ!!

    身近な元気なみかんに 自分を重ねて・・
    きっと あるある!!!なんて思いながらニコニコ読んでいるのだと思います。

    投稿日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

46件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット