しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はりきりみかん」 その他の方の声

はりきりみかん 作・絵:じゃんぼ かめ
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1991年
ISBN:9784337015067
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,968
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元気なみかんの子

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    みかんは、幼い子どもたちにとって、とても、身近な存在。それが、こんな楽しいお話になっていて、絵もシンプルで、いいなと思いました。コタツの角で、背中をかくのが、かわいかったです。

    投稿日:2018/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 試し読みさせてもらいました
    こどものみかんは やっぱり 元気な子どもと一緒   じっとしていませんし  こたつで かゆい背中かいてかわむけて  かぜひくなんて・・・・
    おもしろいお話しです

    ママに直してもらって 優しくしてもらうと また元気   やっぱり元気に遊びに行きます
    子どもの気持ちに ピッタリですね(共感できるのでは?)

    はりきりみかんちゃん

    ミカン大好きになりそうです

    じゃんぼ かめさんの絵本ははじめてです

    投稿日:2017/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんぱくぼうや!

    炬燵に入って、みかんを食す・・・
    冬の寒い日、定番であります(笑

    まんまるで
    目がブルーなのが目を引きます

    元気で、「ぼくのこと?」「私みたい!」って
    思いますよね

    でも、皮が破れて、風邪を引いちゃう!!

    私が好きな場面は
    おかあさんが、皮を縫っている所

    まさか〜って思うけど
    繕い物するおかあさんの姿って素敵だし
    なんともいえないほっこり感があります

    元気になって、おっ!
    外で、みんなと遊ぶんだね!!

    元気をもらえる〜

    単純化した、はっきりした絵で
    内容もはっきりしていて
    小さい子は、喜びそうです

    他の果物シリーズもあるんですね!?
    読んでみなくっちゃ♪

    投稿日:2017/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読みたい!

    今回の主役は元気いっぱいの子どもみかん!

    ピョンピョン跳ねたり転がったり。
    こたつでぬくぬくしたり。

    オレンジ色とおてんばな様子がなんとも愛らしい!
    見てるこっちまで元気になっちゃいます!

    ちゃんと靴下をはいているのが可愛いですね(笑)

    投稿日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はりきりみかん」を読んで、こどもみかんが元気が良く、寒さが一瞬ですが、吹っ飛びました。自分がまずいことをしてしまったことを、おかあさんにばれるまで隠していた場面がおもしろかったです。はりきりすぎると、とんでもないことになると、まるで注意を促してくれた絵本でした。

    投稿日:2016/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気な子どもって、こんな感じ

     元気いっぱい!でも、だからこその失敗もある。そんな みかんの子どものお話です。お話の中にでてくる あれこれは、元気いっぱいの子どもにとって、身に覚えのあることが多いのでは?

     家の中で暴れていたら怒られた。かゆい背中に手が届かなかったら、どこかに押しつけてみた。いいアイデアだと思ったのに思わぬ事態が発生しちゃった。怒られると思ったから黙っていたのに、お母さんにバレてしまった。おまけに風邪をひいてしまった。

     ちょっとしたことが、どんどん困った方向へ・・・。でもお母さんは、本当はいつも味方。優しく看病してくれます。子どもにとってちょっと共感できて、さらに安心感を持って楽しめるお話だと思いました。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読む絵本

    子どもがみかんの表紙を気に入ったので読み聞かせました。みかんと言えばこたつ、懐かしのアイテムが登場します。冬でよかった。みかんの子どもがケガをする理由が昭和のコメディのようです。みかんのお母さんの外科的な処置に驚きます。読み聞かせた子がこたつや縫い針を知らなかったので絵本のストーリーとはそれて終わってしまいました。言葉の多くない本ですが、4歳くらいのほうが説明しやすいかと思われます。

    投稿日:2016/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃな、みかんの子!

    げんきなみかんの子どもが主役です。
    可愛いおはなしかと思いましたが、
    いやいや、「可愛い」だけではありません!

    背中がかゆくて、テーブルの端で背中をかいていたら・・・
    そんな場面が、なんだかシュールです。
    みかんの子どもの行動が、なんだか人間の子どもにそっくり!
    こんなやんちゃな子、本当にいそうです。
    このシリーズの中でも、好きなおはなしでした。

    投稿日:2016/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット