しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おばけのバーバパパふつうだと思う みんなの声

おばけのバーバパパ 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年06月
ISBN:9784032021301
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,918
みんなの声 総数 203
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まだ早かったかな。

    三歳の子に読みました。バーバパパの名前は知ってるものの今まで読んだことがなかったので気になって手にしてみました。絵本好きのこどもですが、バーバパパを読み始めるとすぐに他のところへ。興味を示しませんでした。私は最後まで読んでみましたが、まだ子どもには早かったかな?という感じでした。もう少し大きくなったらまた読んでみようと思います。

    投稿日:2019/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳5ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    最近、おばけの絵本が好きな息子。
    バーバパパというものは知っていたけど、一体何者なのか全く知らなかった私。
    この絵本を図書館で見つけて、早速読んでみました。
    バーバパバの誕生について描かれており、へ〜そうだったんだぁと思いながら、読みました。

    息子の反応ですが、残念ながら好みではなかった様です。

    投稿日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園実習にて♪

    昔保育園実習で読んだ一冊です。読む前に子どもたちにおばけのイメージを聞いたところ『こわい』『きらい』などが挙がりました。
    しかしこの絵本を読み終わった後は「やさしいおばけだったね!」とおばけに対するイメージががらりと変わっていました♪

    投稿日:2012/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん。

    バーバパパの最初の本と言う事ですごく気になっていました。バーバパパが土から出てきたとは衝撃でした。バーバパパが最初はフランソワの家に行くけど追い出されて、でも活躍した後で戻ってくるんです。最初は追い出したのに、なぜ??!というちょっとした疑問が残りました。でもバーバパパも家族の元に戻れて幸せそうだったのでよかったかなと思います。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどー

    バーバパパってどうやって生まれたの?
    って子供よりも私の疑問でした。
    土の中で生まれたんですね。びっくり。
    最初からフランソワの家にいたわけでなくて
    いろいろあって、家に戻ってきたなんて。

    でもバーバパパシリーズはお話が突然?
    って思うことがあって、訳があっていないのでは、、、。
    流れが切れていることが多くて
    原文で読むとまた違うのかもしれないなと思いました。

    投稿日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大活躍

    バーバパパが火事現場を救い、大活躍するお話です。

    何にでも自由自在に形を変えることの出来るバーバパパって魅力的だなぁと思いました。

    3歳の子が「読んで!」と持ってきたので、読み聞かせをしてあげたのですが・・・あまり反応がありませんでした。
    まだ内容まで理解して楽しむには難しい絵本なのかもしれません・・・。

    投稿日:2008/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったっだ〜

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子2歳

    バーバパパの話は私も小さい頃によく読んでいたので、娘にもと思い購入しました。(私が購入したのは、どこでも持っていきやすいようにと思い、小さい版です)
    私が覚えていたのは、バーバパパがいて、バーバママがいて…というふうに、バーバパパの家族がたくさんいるお話。このお話は、バーバパパが生まれた時のお話で、そうだったんだ〜と初めて知りました。(生まれた時からパパだったんだなぁ〜とくだらないことを思いながら…)
    それに、バーバパパは自分が形を変えられることは、始めは知らなかったことも驚きました。
    娘が喜んで読んでいたというよりも私が「へぇ〜」と初めて知ったことが多かった本です。娘は家族がたくさんのバーバパパのお話の方が好きなようです。

    投稿日:2007/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラは知ってたけど絵本は初めて

    おばけのバーバパパってキャラとしては,知名度が高いですよね。でも絵本って初めて手にしました。内容はほのぼのとして,お化け好きのうちのむすめも気に入ってます。形をいろいろ変えられるところがなんと言ってもバーバパパのおもしろさ。それを人助けに使うところがバーバパパの人(?)のよさですよね。

    投稿日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

全ページためしよみ
年齢別絵本セット