もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おしゃべりさん」 その他の方の声

おしゃべりさん 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:リーブル リーブルの特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784947581389
評価スコア 4.76
評価ランキング 642
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい!!

    おはなしが たっぷり詰まっていて、読みごたえじゅうぶん!
    でも、とても面白いので 一気に読んでしまいました。

    自分で文字を読める年齢のお子さん向けかとは思いますが、
    まだ読めないお子さんでも、
    1日1話と決めて読むなどすれば、
    長いあいだ親子で楽しめると思います。

    贈り物にも、おすすめです。

    投稿日:2016/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにおしゃべり!!

    子どもたちの生活に馴染み深いものばかりが登場します。
    そしてそれぞれが独り言みたいにおしゃべり、おしゃべり。
    開いて右に文。左に絵。
    見やすいつくりです。

    息子が好きなのは「チョコ」「ふうせん」
    チョコレートさん怒ってます(笑)
    お母さんたちは子どもに食べさせたくないみたいだけど
    自分は夜中に食べてるくせに!とか(バレてる〜)

    おもしろいおしゃべりもあり、ふうせんさんみたいにセンチメンタルなおしゃべりもあり。

    大人も楽しめますよ。

    小さめな本なので電車に乗るときなんか良さそうです。
    ページごとにお話が終わりますから区切りよく読めそうです。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたさんがおもしろい

    この本は、えほんナビでかいました。

    おもしろかったのは、

    ぶたさんがたべすぎて

    おうちから出られなくなったところです。

    一ばんたべすぎのは、

    カレーライス100人まえっいうところです。

    ふしぎなところは、

    おばけちゃんにこわいものがあったところです。

    投稿日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット