バナナこどもえん ざりがにつりなかなかよいと思う みんなの声

バナナこどもえん ざりがにつり 作:柴田 愛子
絵:かつらこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2011年07月
ISBN:9784494007547
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,340
みんなの声 総数 7
「バナナこどもえん ざりがにつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 園のみんなとざりがにつり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    園の子たちが先生とざりがにつりをするお話。
    ざりがにつりも楽しそうですね、子供が喜びそうです。
    ざりがにのエサのするめを食べてしまっている子がいたけれど、うちの子もやりそうです(笑)。
    ざりがにの脱皮は本ではあっても直に見たことないですが、見れたら楽しいでしょうね。
    子供同士のけんかも仕方ないこととは思いますが、ね。

    投稿日:2016/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無言の対決シーンは緊張感バリバリです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    表紙のザリガニはとっても迫力があります。
    愛子先生の講演会で聞いた話ですが、この絵本を描くために“かつらこ”さんは本物の大きなザリガニを愛子先生に送ってもらって、描いたそうです。
    鋏のぶつぶつ感とか、足の関節の産毛や曲がり具合とか、すごく“生きてる”感が感じられました。

    全体的に明るい炉愛だし、本に印字されている活字の大きさや分の量も程よくて読みやすかったです。
    「かっきー」がザリガニ釣りをしているシーンや、
    「かっき−」と「あーくん」の手を出さないにらめっこのケンカしているシーンは、見開きに大きくはっきり描かれていてとても見やすいです。
    私は特にこの対決シーンが好きです。
    講演会の時にお話は伺っていたのですが、
    子ども同士の緊迫感や緊張感がリアルに伝わってきて、ドキドキしました。

    全体的には、1ページの中にたくさんの人物が描かれているので(1ページの情報量が多いので)、
    読み聞かせに使うときは、ページの見せ方に気を付けた方がいいかもしれません。

    保育園や幼稚園などで経験することのできる、楽しい生活ぶりが垣間見えるお話なので、
    3,4歳くらいのお子さんから小学校低学年くらいのお子さんたちにお薦めしたい作品です。

    投稿日:2012/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット