日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

こりすのはつなめなかなかよいと思う みんなの声

こりすのはつなめ 作:浜田 廣介
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784323038810
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,920
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 手のひらのキャラメル

    冬眠の前に、クマは手のひらにいろいろなものをこすり付けるのでしょうか。その理由に生き物たちの生きる知恵を感じました。
    冬眠はしないりすが、子熊の手のひらのキャラメルをなめるところが、とても可愛らしく感じました。
    目を覚ましてしまった子熊さん、寝不足にならないかな。

    投稿日:2020/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浜田ひろすけさんの童話は
    本当に心温まるお話です。
    それに有名な童画家のいもとさんが絵をつけている
    とてもすてきな絵本でした。
    熊が冬眠の前に手のひらにいろいろなすりつけておいて
    冬眠の間のしのぎにするっていうのは本当なんですよね。
    蜘蛛なんかもなすりつけるっていうところは
    子供たちに印象的だったようで、
    りすがキャラメルの味っていうのをなめたいけど
    蜘蛛が入っているならちょっといやだという感想もありました。

    投稿日:2014/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがほんわか♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    浜田廣介氏のお話は、なんとも言葉があたたかく
    東北人のよさを表わしているかのような気がします

    いもと氏の絵は、私は個人的には
    好きではないのですが
    小さい子にとっては
    かわいらしく
    わかりやすい表情、動作の様に思われます

    親子ではなく
    こぐまとこりす
    冬眠を通して
    こんなやり取りが本当にあるのかどうか
    わかりませんが
    なんとも、気持ちがやさしくなります

    この絵本を機会に浜田廣介氏のお話を
    いろいろ読んでほしいなぁ〜
    と、思います

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がやさしくて気に入ったのかも

    • えみはるさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    正直、2歳の子に読み聞かせるにはちょっと難しすぎる本かなと思う。
    そもそもは私自身が気に入って購入したもので、いずれは子供に読んでやろうと子供の絵本と一緒に本棚に置いていたものを子供が自分で持ってきて「読んで」というようになったのが読んだきっかけ。

    本人もいもとようこさんのかわいらしい絵にひかれて本を手に取ったのではないかな、と思う。
    実際には本の内容は難しすぎたようで、最初のうちはいつも途中やめになることが多かった。でも、何度か読んでいくうちにじっとして聞くようになってきた。難しいなりに彼女も聞いていたようだ。

    表現自体は彼女でもわからないことはない表現もあるので、それなりに楽しめたのが良かったのかなと思う。

    2歳で読み聞かせるのは早いかもしれないけど、長く楽しめる絵本のひとつではないかと思う。

    投稿日:2008/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • はつなめって?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    もうすぐ春が来るという時期に暖かいお部屋の中で
    親子で読むのがおすすめです
    浜田ひろすけさんのどくとくの言い回しが
    「はつなめ」の意味をほんのりと読み手に
    伝えていく、優しい絵本です
    またいもとようこさんの絵が動物の表情を
    より爽やかに描いて、それだけで心暖まります
    おかあさんのぬくもりを感じながら
    読んでもらう子供は嬉しさいっぱいです!

    投稿日:2007/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこり温かくなります

    かわいいお話で心が”ほっこり”するのを感じます。
    そんなお話に、いもとようこさんの絵がぴったりはまっています。

    冬眠から目覚めたときに手をなめて、幸せな気持ちになるために、秋のうちに手にたくさんの食べ物を練りこんでおこうとするくま。そのくまの手をなめるリスがとてもかわいらしいです。
    「おさきにちょぴちょぴ なめました」
    その言い回しが、とっても好きになりました。

    投稿日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット