はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

ねえだっこして」 みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,832
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

80件見つかりました

  • カミサンの耳もダンボになる絵本

    赤ちゃんがうちにきてから、
    お母さんにかまってもらえる機会が激減したねこちゃん。
    そんな本当は甘えたいねこの視点でお母さんと赤ちゃんが描かれています。
    お兄ちゃんやお姉ちゃんは、
    まさにこの絵本のねこちゃんの気持ちなんだろうな。
    娘に読み聞かせしていると
    思わずカミサンの耳もダンボになってくる絵本。

    投稿日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • ねこの気持ちとリンク

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    この絵本をはじめて読んだのは、長男が3歳の頃。
    次男が生まれたばかりで、嫉妬からなのかワガママがひどかったり、
    ちょっとしたことで癇癪がおさまらなくなったり…
    そんな時期でした。
    ねこの気持ちのようですが、ママの抱っこを取られてさみしい気持ちは
    下の子が生まれて、お兄ちゃん・お姉ちゃんになった子の
    複雑な気持ちにもつながりますね。
    ねこも子どもも同じ動物、そんな当たり前の感情なのだから、
    母である私も、困惑したり悩んだりするけれど、ありのまま受け入れよう、
    そんな気持ちにさせてくれる絵本です。

    投稿日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • まだ子供が居ない時に、何かで紹介されているのを見て知り、思わず買って読みました。

    今までは、おかあさんの愛情をひとりじめしていた猫ちゃん。
    でも、おかあさんは、新しくやってきた赤ちゃんのお世話で忙しくて…

    私自身、長女なので、猫ちゃんの気持ちが、痛いほど分かって、ぼろぼろ泣いてしまいました。。。


    自分が母親になってからは、我が家は一人っ子なので、二人目を出産したママ友へのプレゼントとして、いつもこの本を贈っています。

    お姉ちゃんになる上の子(だいたい3歳前後)へのプレゼント、として渡すと、早速子供は「読んで読んでー!」となりますが、ママがお膝に乗せて読んであげると、だんだん、ママは目がうるうる。 子供も、おとなしくじーっと聞き入っています。

    読み終わった後の、ママの優しい顔と、抱っこされて嬉しそうなお姉ちゃんの表情が印象的でした。。。


    プレゼントしたママから、「あれから、すっかりあの本が気に入って、”これは○○ちゃん(そのお姉ちゃん)のお話だよ!”なんて言いながら、読んで読んでってせがみにくるよ。」と後日談を聞きました。


    下の子が産まれると、上の子はついつい後回しにされがちですが… そんな時、リラックスして、親子でゆったり読んでほしい絵本だなぁ…と思います。

    (私が子供の頃に、この絵本があったら良かったのに!!と、思ったものです(笑))

    投稿日:2016/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねこのきもちがいじらしい

    赤ちゃんが生まれて だっこしてもらえない ねこの気持ち   
    いじらしく うまく描かれていて
    こんな事は お兄ちゃん お姉ちゃんになった子ども達の気持ちと同じですね
    「あとでね」お母さんに言われて じっと我慢しているねこ
    人間の子だったら 違う表現するかもね

    お母さんにだっこされている 赤ちゃんの 安心しきった顔
    次におおきなねこ インパクトあります
    あかちゃんが ミルクもらってるとき  ねこは 自分の方が 顔も洗えるし自分で食べられる  ちゃんと プライドがあって ねこの気持ちが うまく表現されています
    そして ずっと我慢していたけれど お母さんは ちゃんと ねこを だっこしてくれました
    その幸せな気持ちが 伝わってきます   ジーン

    お兄ちゃん お姉ちゃんになった子どもによんであげたいステキな絵本ですね

    投稿日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • だっこさせてね

     ずっと読みたかった絵本。
    いつのまにか娘は手が離れ、1日の大半を私の手の届かないところで
    過ごすようになりました。
    「だっこ、だっこ」の日々が本当になつかしい・・・。
    切ないくらいになつかしい・・・。
     お母さんと赤ちゃんの絵を見ながら、こうやって片時も離れるずに、
    頬と頬をくっつけあって、毎日いっしょに過ごしていたんだなあ、と思いました。

     あの頃、私の横にいたのは、それまでわが子同然にかわいがっていた大型犬。
    娘が生まれてからの3年くらいは、とにかく子育てに無我夢中で、
    アルバムにも愛犬はほとんど登場しないことに、ずっと後になって気付きました。
    こんな目で、愛犬も私と娘を見つめていたのかなあ・・・。

     その愛犬も、成長した娘といっしょにきょうだいのように仲良く育ち、
    やがて歳を取って天国へと旅立ちました。
    今、娘の傍らにいるのは、同じ種類の子犬。
    もう体重も娘と同じくらいです。 
     「『わたし』って、猫のことなの?」と、このお話がねこの視線で
    語られていることに気づいた娘に、
    「○○(愛犬)も同じように思ってたのかなあ?」と、聞いてみると、
    「○○は大きすぎて、おひざに乗れないから、だっこしてほしい、って思わなかったよ。」との答えが返ってきました。
     
     大きくなった子犬も、娘も、ママにとっては、どちらもかわいい赤ちゃんです。
    まだまだこれからも、いっぱい「だっこさせてね!」

    投稿日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもおすすめです♪

    かわいいねこちゃんが主役の
    お話です。
    飼い主のおかあさんに,赤ちゃんが産まれて
    おひざがとられてしまったお話なのですが,
    ねこ目線でお話が描かれていて,
    すごく新鮮なんです。

    一生懸命おかあさんのあとをついていくのですが,
    あかちゃんがいつもおかあさんの
    おひざの上にいます。

    でもがまんしているねこちゃんの姿が
    かわいくて,抱きしめたくなってしまう
    感じです♪

    投稿日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切なくて…

    飼われてるお宅に赤ちゃんが生まれて…
    おかあさんに抱っこしてもらいたい、切ないネコの気持ちが切々と描かれてる本です。

    うちにもネコが居るので、こんな気持ちなんだろうな…とも。
    まだ全然分からないとは思うのですが、0歳の娘に時折読み聞かせてます。
    この本を読んで、相手を思いやる気持ちを持ってくれるといいなあ…と思いつつ。

    投稿日:2007/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハグって素敵です!

    小学1年生の娘が,学校の図書室で一人読みしてきました。
    我が家の娘も小さい時から抱っこが大好きです。
    今も,やっぱり抱っこされると安心するみたいで。
    きっとこの絵本は子供たちが心の中でとても共感する絵本だと思いました。
    抱っこできる年齢は実はとっても貴重なのかもですね,そんな時期を大切にしていた親の私も改めて思いました。
    ハグって素敵ですね!

    投稿日:2017/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫のせつない気持ち

    猫が主人公でママの膝を赤ちゃんにとられてやきもち焼いているのが可愛いです。「赤ちゃんなんて何もできない」って冷静に見てるのが面白い!
    猫のひょうひょうとした感じと甘えたい感じが絶妙に描かれていて、最後のちょっとでもいいからだっこしてほしいという気持ちにぐっときます!
    ほんとに素晴らしい絵本だと思います。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子の気持ち

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    息子の反応はいまいちでしたが、私は読んで良かったなと思いました。
    二人の子育てをしているので、この絵本を読むことで上の子はこんな気持ちなのかなと思うことが出来たから。
    二人目が生まれたお母さんには是非読んで欲しい絵本です。

    投稿日:2016/01/11

    参考になりました
    感謝
    0

80件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

全ページためしよみ
年齢別絵本セット