しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ねえだっこして」 みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,832
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

80件見つかりました

  • いい本なんだろうけど…

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳、女の子0歳、

    産後1ヶ月の時読みました。
    辛口かもしれませんが評価がいいとされてる程の感動はなかったです。

    きっと感動的な本なんだと思いますが、表紙を開いてすぐ(帯の折り返し部分)に、本の内容が書かれていたので感動すべきところでできませんでした。ちょっと残念。書かない方がいいと思う…のは私だけでしょうか。

    でも、本のメッセージは伝わりました。
    読んだ後、兄ちゃんになったばかりの息子を久々にゆっくり抱っこした時の嬉しそうな顔を見て、この本を読んでよかったと思いました。

    投稿日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬくもり

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    うわ、泣きそう・・・。
    「幸せの絵本 家族の絆編」で紹介されていて、
    こういう作品かな、と知っていたにも関わらず、
    お母さんに抱かれた猫と、お父さんに高い高いをしてもらっている赤ちゃんが描かれた、
    ラストのあまりに幸せな風景に、思わず涙が。

    「あとででいいから、少しでいいからだっこして。」
    赤ちゃんが生まれて、お母さんにあまりだっこしてもらえなくなったのは
    ペットの猫の「わたし」。
    彼女のお母さんへの切ない胸の内が語られるおはなしです。

    田中絹代さんの絵に圧倒されました。
    まっすぐにお母さんをみつめる猫の瞳
    甘い匂いが漂っているような、むちむちの赤ちゃん、
    ぬくもりを感じるお母さんの膝・・・そう、世界一素敵な場所。
    人間のお兄ちゃんやお姉ちゃんじゃなく猫が主人公だったからこそ
    大人の私も、どっぷりと入り込んでしまったような気がします。

    下に赤ちゃんが生まれた、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるご家庭には
    もちろんですが、
    原風景のような、懐かしいぬくもりには、誰もがぎゅっと心を掴まれそうな、
    そんな気がして、どなたにもおすすめです。

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの視点で

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。抱っこしてほしいのは猫。人間ではありません。だから、ストーリーは猫の視点から書かれています。珍しい切り口ですが、こんなに猫って人間のようにやきもちをやくのかなーとちょっと思いましたね。まるで下の子が生まれた上の子のような感じ。置き換えているくらい、人間の感情や行動ばかり。ちょっとそこが怪しい、無理やりそういうふうにしているような気がしましたが、まあそこは赤ちゃんが生まれた家のお兄ちゃんやお姉ちゃんに読んであげると、逆にすんなりと聞いてくれるかもしれませんね。猫のお話だからと切り返せるから・・・。珍しいタイプの本です。

    投稿日:2011/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人目の子供の気持ち

    猫を主人公に描いていますが、これは一人目の子供が、弟・妹ができたときに感じる気持ちをストレートに描いていて、うちの上の子もじーんとしながら聞いていました。

    今までは好きなときに好きなだけ甘えられていたのに、自分の大好きな場所が占領されてしまうさみしさ、絶対にあると思います。でも、同時に、自分はお兄さん・お姉さんでもういろんな事をできるんだと強がるところもけなげです。

    お母さんは、赤ちゃんを抱いていたって、決して上の子のことを考えていないわけではない。だから、さみしい思いをさせてしまう分、上の子の相手をできるときは思いっきりスキンシップをとって甘えさせてあげたいです。

    投稿日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子の気持ち

    主役は猫ですが、お兄ちゃん・お姉ちゃんならばこの気持ちがきっとわかるはず・・・
    赤ちゃんが家にやってきて、自分だけのお母さんでなくなった日。
    「わたし もう おおきいから」と、少し強がっている姿は、切なくなります。

    お姉ちゃんの気持ちも忘れないようにと、私自身のために読みました。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ちだけど・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    少し前に親子のお話会で読んだことを思い出しました
    小さな子供にはちょっとわからないかもしれないけれど、ママたちにはジ〜ンと来たようですね
    特に二人目のお子さんが生まれたばかりの、上のお子さんの気持ちを代弁したような内容です

    猫ちゃんの表情もかわいいです

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの気持ち

     赤ちゃんの世話にかかりきりのおかあさん。なかなかかまってもらえず、淋しい思いをしているおにいちゃんやおねえちゃんの気持ちを、ネコが代弁しているようです。

     ネコの気持ちもよくわかるし、おかあさんの大変さもわかるので、切なくなります。こんなときは、おばあちゃんや周りの人がサポートしてあげるといいなと思います。

     「ねえ、だっこして」は、子どもの気持ちが凝縮した一言だと思います。

    投稿日:2011/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分にそそがれていた愛情が、ある日どこかへ行ってしまったのではないかという不安とせつなさ。猫ちゃんだけでなく、誰でもそんなことを感じたことがあるのではないかと思います。

    投稿日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 代弁してます

    下の子が生まれて、上の子の言葉を代弁しているようです。
    みんなみんなママが好きですよね。

    ちょうどいま妊娠中なので
    次の子が生まれたら、私も上の子をぎゅっといつもより
    抱っこしてやりたいな、と思いました。
    寂しいのは赤ちゃんもおにいちゃんも一緒ですよね。

    子供は1歳9ヶ月なので、
    赤ちゃんを見たことがないので
    この絵本で赤ちゃんをみせています。

    投稿日:2011/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさん、、ねぇ・・・

    娘の大好きなネコ。
    しかもこの本、ネコ目線でありながら兄弟が生まれた
    上の子の心境を表しているところが新鮮〜☆

    うちは、一人っ子だけども、なんとなく気持ちが
    伝わってくれたらなぁ〜と思って選びました。
    なかなか良い1冊です☆

    投稿日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

80件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット