宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねえだっこして」 みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,825
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

80件見つかりました

  • 切ないけれど素敵な絵本

    とてもよい一冊でした。
    2歳の娘にはまだ早いかなと思って読んだのですが、予想外に娘がしっかり見ていました。
    娘は一人っ子ですが、お母さんの膝が取られて切ない気持ちになっている猫に自分を重ねていたようです。
    ページが少し多い絵本でしたが、最後までしっかり見ていて娘の成長とこの絵本の良さを実感しました。
    また娘は、赤ちゃんが猫のしっぽを引っ張るページがおもしろかったようで、ぬいぐるみで真似をしていました。
    兄弟がいるお子さんには本当にぴったりの絵本だと思います。

    投稿日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしのきもちといっしょ

    ひょう紙の赤ちゃんがかわいいです。
    だいめいのことばは、わたしのきもちと同じでした。お母さんが「ちょっとまっててね」というのも同じでした。
    わたしもほんとは、はずかしいけど、だっこしてもらいたいです。
    あくびをしているねこがかわいくて、だっこしてみたくなりました。
    お母さんは、ねこをだっこしてくれたのでしょうか。それは本を読んでたしかめてください。

    投稿日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抱っこしてあげたくなります

    育児に疲れて、子供たちに怒ってばかりだったので、ちょっと優しくなりたいなあと思い借りました。借りて良かった!この絵本は猫の目線で描かれているんですが、赤ちゃんを抱っこしてるお母さんに対する気持ちが描かれています。今まで兄姉目線のものはあっても、ペット目線というのは珍しいのではないでしょうか。この絵本を読んだ後、子供たちをぎゅっと抱っこしました。私自身癒されました。イライラした時に私が読むべき絵本かもしれません。

    投稿日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬくもり

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    うわ、泣きそう・・・。
    「幸せの絵本 家族の絆編」で紹介されていて、
    こういう作品かな、と知っていたにも関わらず、
    お母さんに抱かれた猫と、お父さんに高い高いをしてもらっている赤ちゃんが描かれた、
    ラストのあまりに幸せな風景に、思わず涙が。

    「あとででいいから、少しでいいからだっこして。」
    赤ちゃんが生まれて、お母さんにあまりだっこしてもらえなくなったのは
    ペットの猫の「わたし」。
    彼女のお母さんへの切ない胸の内が語られるおはなしです。

    田中絹代さんの絵に圧倒されました。
    まっすぐにお母さんをみつめる猫の瞳
    甘い匂いが漂っているような、むちむちの赤ちゃん、
    ぬくもりを感じるお母さんの膝・・・そう、世界一素敵な場所。
    人間のお兄ちゃんやお姉ちゃんじゃなく猫が主人公だったからこそ
    大人の私も、どっぷりと入り込んでしまったような気がします。

    下に赤ちゃんが生まれた、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるご家庭には
    もちろんですが、
    原風景のような、懐かしいぬくもりには、誰もがぎゅっと心を掴まれそうな、
    そんな気がして、どなたにもおすすめです。

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子の気持ち

    主役は猫ですが、お兄ちゃん・お姉ちゃんならばこの気持ちがきっとわかるはず・・・
    赤ちゃんが家にやってきて、自分だけのお母さんでなくなった日。
    「わたし もう おおきいから」と、少し強がっている姿は、切なくなります。

    お姉ちゃんの気持ちも忘れないようにと、私自身のために読みました。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ちだけど・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    少し前に親子のお話会で読んだことを思い出しました
    小さな子供にはちょっとわからないかもしれないけれど、ママたちにはジ〜ンと来たようですね
    特に二人目のお子さんが生まれたばかりの、上のお子さんの気持ちを代弁したような内容です

    猫ちゃんの表情もかわいいです

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分にそそがれていた愛情が、ある日どこかへ行ってしまったのではないかという不安とせつなさ。猫ちゃんだけでなく、誰でもそんなことを感じたことがあるのではないかと思います。

    投稿日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てを振り返る機会をあたえてくれます

    お母さんに赤ちゃんが出来た上の子の気持ちを、猫の視点から代弁して描いている本なのですが、3才の上のお兄ちゃんに読んでいる途中に、上の子の切ない気持ちを思って、親の私が涙ぐんでしましました・・。

    日々どうしても赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなか上の子に構ってあげられませんが、この本を読むと、親自身がふと子育てを振り返り、立ち止まって、子供の気持ちにい気づいてあげられる事が出来る本だと思います。私にとっては、自分自身へ向けた素敵な本です。

    投稿日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子の気持ち

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    上の娘が3歳、下の子がおなかにいたころに「この本いいんじゃない?」と実家の母にプレゼントしてもらいました。
    この本ではお姉ちゃんじゃなくてネコの気持ちだけど、大好きなお母さんを赤ちゃんにとられてしまって淋しく思う気持ちはきっと同じ。
    赤ちゃん誕生後に味わうであろう娘の気持ちを想像して、切なくなってしまいました。
    赤ちゃんのお世話に忙しいお母さんですが、最後のページではお父さんが赤ちゃんをあやし、お母さんはネコを膝に抱いてあげています。
    私もできることはどんどんお父さんにお願いして、暇さえあれば上の子をぎゅーっとするように心がけていました。
    心配したほどの赤ちゃん返りもなくあの時期を乗り越えられたのは、この本のおかげもあるかもしれません。

    投稿日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママのお膝

    ねこちゃんの気持ちが、おにいちゃん、おねえちゃんになった子の気持

    とを代弁しているように聞こえました。


      「ねえ おかあさん おかあさん

       ときどき わたしも だっこして」

      「すこしで いいから

       だっこして」

     けな気なねこちゃんが、可愛くて抱きしめたくなります。

    おかあさんだって、ねこちゃんも抱きしめたいと思っていたと思いまし

    た。とても愛おしく、幸せそう、おかあさんもねこちゃんも・・・・

    やっぱり、おとうさんの出番は必要だと思いました。

    「ママのお膝」は、きっとおとうさんだって狙っていると思いました。

    ねこちゃんの毛並みまで丁寧に画かれて絵もよかったです!

    投稿日:2009/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

80件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット