がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

ねえだっこして」 みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,827
みんなの声 総数 80
「ねえだっこして」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

80件見つかりました

  • 息子が2歳半のときにいただいた絵本です。
    上の子が2歳2ヶ月のときに、下の子が生まれたので、
    おにいちゃんになって4ヶ月のときでしたが、
    「ママを赤ちゃんにとられて寂しいな」という気持ちが描かれているこの本は、
    読んであげた息子よりも、むしろ私自身がグッとくるお話でした。
    下の子の世話で、上の子に「ちょっと待ってね」とつい何度も言ってしまうと、
    この絵本のことを思い出し、読み返して、
    上の子を抱っこしてあげたくなります。
    ちょうど我が家と同じぐらいの年の差で下の子が生まれたママさんに
    ぜひお勧めしたい一冊です。

    投稿日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんのおひざ☆

    そうだよね。そうだよね・・・。
    ねこちゃんの特等席だったおひざだったんだよね。
    読みながら、涙が出てきそうなくらい、「ねえ だっこして」という気持ちがつたわて来ました。
    赤ちゃんが生まれてきてちょっぴり切ない気持を猫の視線で描かれてある絵本。
    やわらかい語りとふくふくとした絵もぴったり☆

    赤ちゃんの生まれた小さな兄姉にも、ママパパにもお勧めの1冊。

    ママがねこちゃんを抱っこしている横でパパが赤ちゃんを「たかいたかい」している様子はまさに我が家の数年前の情景です。

    投稿日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とまとさん

    トマトさんが大好きでこの絵本も田中清代さんの作品だったので選びました。今回も田中清さんの腕が冴えわたる作品でした。猫の表情や赤ちゃんの表情が一瞬一瞬をの逃さずに描かれているのは恐れ入りました。特にお母さんと主人公が二人して目をつむる場面はとても幸せな空気が流れており心に響きました。色も淡い色を多用してあるのでほんわかした空気が伝わってきました。とても癒される絵本でした。そして、お兄ちゃんやお姉ちゃんの気持ちがとてもよく分かる絵本でした。参考になりました。

    投稿日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抱っこしてあげたくなります!

    • うまそうさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    赤ちゃんに、この世で一番素敵な所=お母さんのお膝の上を取られた猫の切ない気持ちが描かれています。

    猫が語り手となっているけれど、やはり想像させられるのは間違いなくお兄ちゃん・お姉ちゃんになった上の子の気持ちでしょう。赤ちゃんに焼きもちを妬きたくなる気持ちも、この絵本を読んでいると痛いほどわかります。上の子が、お母さんに甘えられるチャンスをずっとずっとうかがっている切なさも手に取るようにわかります。

    今や大人気となった『ちょっとだけ』の絵本とメッセージ性としては似ているかなと思います。我が家にも5歳のお兄ちゃんと、もうすぐ初めてお兄ちゃんになる3歳の次男がいます。私が第三子を妊娠しているので臨月のお腹では満足にだっこができないのですが、無事に出産を終えたらまずは上の二人をギューっとだっこしてあげようと心に誓っています。この絵本を読んで、その日がますます楽しみになりました。

    投稿日:2008/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに我が家

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    娘が選んだ子の絵本は、まさに我が家の猫ちゃんと産まれた頃の娘の姿。今までママのお膝を独り占めしていた我が家の猫ちゃん。夜、眠る時はママに抱かれて眠っていた我が家の猫ちゃん。
    突然やってきた小さな娘にすべてを取られ、寂しい顔をしていた我が家の猫ちゃんそのものが、絵本となったようなお話でした。
    娘には、「この猫ちゃんは我が家の猫ちゃんね。これの赤ちゃんはあなた。これはママだと思って聞いてね。」と配役を自分の家族に見立てて聞いていただきました。
    「猫ちゃん寂しかったんだね。」と思いやりの心を見せてくれた娘に「わかってくれてありがとう。」と思わず抱きしめてしまいました。

    我が家は、実際の猫ちゃんと娘に置き換えましたが、これから二人目が産まれてくるお母さん。すでに寂しい思いをしているお兄ちゃんお姉ちゃんがいるお母さんに読んでいただきたい絵本でもあります。
    子育てにイライラして、上の子が寂しい思いをしていないか忘れてしまわないように。
    親子で読む、暖かい絵本だと思います。

    投稿日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あとででいいから、少しでいいから

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    わたしこのごろつまらない。おかあさんのお膝に赤ちゃんがいるから。朝も昼も夜も赤ちゃんがいるから…

    と、それまで、おかあさんの膝を独り占めしていたねこさんが、おかあさんの様子をじっと見ています。

    弟や妹が生まれたおにいちゃんたちの気持ちと重なります。がまんしないといけないとわかっていてもやっぱり、まだまだ甘えたい。そんな気持ちが、ねこさんから伝わってきます。場面場面での、ねこの表情から、気持ちの移り変わりがわかるはずです。そして本心も…

    投稿日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイムスリップしてだっこしてあげたい。

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    赤ちゃんが生まれ、大好きな居場所(おかあさんのひざの上)を取られてしまって、寂しい思いをしている、お兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを、猫の視点で描かれてるのが、とても斬新だと思いました。

    自分はもう大きくなったから、健気に我慢してる猫の気持ち。

    わたし まってるから
    あとででいいから
    ねえ おかあさん おかあさん
    ときどき わたしも だっこして

    何度読んでも、涙出てきちゃう。
    そう、ずーっと昔にタイムスリップして、2歳1か月でお兄ちゃんになった長男を、こんな風に我慢させてなかったか?!
    比較的年が離れて(5歳違い)、お姉ちゃんになった長女は、それ故にいっぱい我慢させてなかっただろうか?!
    今、悔やんでも遅いのだけど・・・(涙)。

    お姉ちゃんになり損なった次女は、こういう類の絵本に、少し抵抗があるみたいです。
    大の猫好きなのもあって、「赤ちゃんやだ!」と怒ったように言ってました(苦笑)。

    ラストの、猫の幸せそうな格好と、お母さんの表情。
    そして、赤ちゃんを高い高いしてる、お父さんの顔。
    4人家族(3人と1ぴき家族)の姿に、ほんわか温かい気持ちになります♪

    投稿日:2008/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数年前を思い出して、涙。

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    お母さんのお膝の上が恋しくて・・・「抱っこして欲しい」
    お兄さん・お姉さんになってしまった子ども達は、みんなが思うことでしょう。その気持ちを、かわいい猫が見事に代弁してくれてます。

    数年前は、うちの長女も小さなおねえさんでした。わがままな次女に私の膝の上を占領されて、どんなに寂しい思いをしてきたことだろうと、今さらですが心苦しくなります。

    あの頃は、自分もいっぱいいっぱいで、いつも「あとでね」の繰り返し。それからというもの、長女は甘え下手になりました。

    今は長女も5年生。妹も3年生になり、二人で仲良くベタベタ甘えてくるようになりました。私も、少し心に余裕ができたのか?甘えを受け止められるようになりました。

    今一番忙しくて、心の余裕のない若いお母さん達に是非、読んで聞かせてあげたい絵本です。かわいい猫が、優しく気づかせてくれるでしょう。

    投稿日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙涙・・・

    • まめ大福さん
    • 20代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    はじめて読んだ時、涙が止まりませんでした。
    上の娘の気持ちを思ってハッとしました。2歳差で下の子が生まれて、甘えたい盛りだった娘。かなり寂しい思いをさせてしまった。あの時一生懸命で娘の気持ちを考えてあげられなかった。この本にもっと早くに出会っていればよかった・・・!!
    だっこで読んであげた後、ギュッと抱きしめてあげる事にしています。もう大きくなった娘だけど、とても嬉しそうです。
    イラストも優しいタッチで素敵です。
    本当に二人目ママにおすすめですね。

    投稿日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がキュンとなります。

    今までひとり占めしてきたお母さんのおひざを、
    赤ちゃんにとられてしまった猫のつぶやき・・。

    甘えたい気持ちが伝わってきて、何とも言えない気持ちになります。

    娘もこの絵本が大好きで、読み終わると必ず「だっこして」と言ってきます。

    温かみのある絵が素敵。
    とても優しい気持ちになれる絵本ですよ。

    投稿日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

80件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット