へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ねえだっこして」 パパの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,824
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二人目が生まれた時に読みたい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ねえ だっこして」という題名から主人公は、あかちゃんかと思いきや、さにあらず。
    何と、ねえ だっこしてと言うのは、傍らにいる猫。
    ずっと、猫の目線で物語は進みます。

    読み続けると、猫は、もしかすると赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを代弁しているのではないか?
    と思えてきました。
    猫に語らせることにより、気持ちの部分だけを、鮮明に描写する効果を狙った気がするのです。

    最後は、以下の文で結んでいます。
    「だけど だけどさ
    わたし まってるから
    あとでで いいから 

    ねぇ おかあさん おかあさん
    ときどき わたしも だっこして

    すこしで いいから
    だっこして」
    心の琴線に触れる言葉です。

    きっと、遠慮がちなお兄ちゃん、お姉ちゃんが思っているであろう気持ちは、両親として気をつけないとならないこと。

    下のお子さんが生まれた頃に、読み聞かせをすると、親子で素直に感じることが出来る絵本としてオススメします。

    投稿日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • カミサンの耳もダンボになる絵本

    赤ちゃんがうちにきてから、
    お母さんにかまってもらえる機会が激減したねこちゃん。
    そんな本当は甘えたいねこの視点でお母さんと赤ちゃんが描かれています。
    お兄ちゃんやお姉ちゃんは、
    まさにこの絵本のねこちゃんの気持ちなんだろうな。
    娘に読み聞かせしていると
    思わずカミサンの耳もダンボになってくる絵本。

    投稿日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 猫の話だったんですね

    お母さんに抱かれている赤ちゃんを見つめて、どこか寂しそうな猫。
    この絵本を見ていると、猫と赤ちゃんが兄弟のようです。
    ペットも家族なんですね。
    田中清代さんの絵が清々しい日常を気持ちよく描いていると思います。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット