ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

とっときのとっかえっこ」 パパの声

とっときのとっかえっこ 作:サリー・ウィットマン
絵:カレン・ガンダーシーマー
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
税込価格:\1,430
発行日:1995年
ISBN:9784924938342
評価スコア 4.79
評価ランキング 462
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育つものと老いるものと

    おじいさんのバーソロミューと赤ちゃんのネリーは、家族ではないのにとても仲が良いのです。
    ベビーカーに乗って散歩する頃から、つかまり立ち、ヨチヨチ歩き…。
    バーソロミューが温かくネリーと接している事柄が、介護の原点としてとらえられるのですね。
    やがてバーソロミューが老いて、ネリーにしてあげた事を自分がされるようになります。
    とっときのとっかえっこですね。
    でも、幼い頃に、お世話になった事を、ネリーが忘れずにいるから出来ることでしょう。
    育ちかたって大事ですね。

    投稿日:2015/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる作品

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    ネリーが乳母車(カート)に乗っていた時からバーソロミューは散歩に連れて行ってあげており、とても仲が良くいつも一緒だった。近所の人はそんな二人を「ハムエッグ」と呼んでいた。時と共に小さかったネリーも学校に上がり、バーソロミューは年をとっていった。そんなある日、バーソロミューが階段で転んで入院してしまう。そして、車椅子に乗って帰ってきたバーソロミューからは微笑が消えていた。「これでお散歩はおしまいだな」「そんなことはない。私が連れて行ってあげる」やり方は知っていた………。
    女の子のネリーとお隣のおじいさんバーソロミューの関係を描いた心温まる作品です。
    私は”じいちゃんっ子”ではありませんでしたが、気持ちがとても良く伝わってきます。勧めします。

    投稿日:2003/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット