話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぽぱーぺぽぴぱっぷ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぽぱーぺぽぴぱっぷ 作:谷川 俊太郎
絵:おかざき けんじろう
出版社:クレヨンハウス
税込価格:\1,650
発行日:2009年04月
ISBN:9784861011382
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,994
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 絵本の世界に引き込まれています!

    ぱぴぷぺぽで構成される絵本。初めは読みにくくて、うまく読めないなぁと思っていましたが、2ヶ月の息子はいつもじっと絵を見ていました。3ヶ月になると手足を動かしたり、「うー」と何やら反応が♪私も読み続けているうちに、読むのもすっかり楽しめるように。親子でどんどん絵本の世界に引き込まれています♪

    投稿日:2019/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何語?!

    なんとなく手に取ったものでしたが、
    息子に読んでみて、息子と2人、爆笑しました!

    何を言っているのか、何語なのか、
    どういうストーリーなのか、全く分からないんです。
    でもそれがいい。
    いったい何なのか分からないのに、楽しいのです。
    リクエストされ、何度も何度も読みました。
    息子もひとりで読んでます。
    「ぽぱー?」なんて言いながら。

    しばらくして、
    この場面はこうなのかもよ、これはこうかもよ
    なんていろいろ想像を膨らませて話してくれました。

    ぱ行ばかりで構成されていて、音の楽しさを味わう本です。
    いろいろ想像するのも、楽しいですね。

    投稿日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勢いで読み切れ!

    赤ちゃんが好きだと言われている「ぱぴぷぺぽ」の破裂音だけで構成されている絵本です。
    絵もカラフルで抽象的、更に文字さえも絵の一部になっている絵本。
    まずは表紙でつまずく。「ぱぽーぺ…じゃなかった、ぽぱーぺ…」
    次のページでも「ぽぽぺ?いや、ぽ、ぽぱぴ?」…もうお母さん読めないよ(涙)
    もう勢いで読んじゃえ!間違っても気にしない!娘が笑ってるからOK!
    わけがわからなくて大人も笑っちゃう、そんな絵本です。

    投稿日:2014/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこりん

    もう噛んじゃって、全然読めません!!
    隣で聞いてる甥っ子は大爆笑です(笑)

    絵もヘンテコでおもしろくって、読みながら私も一緒に笑ってしまいました!
    言葉同様絵も適当なのかと思いきや、ニンジンや目玉焼き?の様なものも隠れていて、見つけるのが楽しかったです。

    子どもと思いっきり大笑いできる絵本!おすすめです!

    投稿日:2014/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんもにっこり

    • やまとママさん
    • 40代
    • せんせい
    • 京都府
    • 男の子4歳、女の子0歳、

    赤ちゃんが生まれたら読んであげようと購入。 

    なのに、4歳のお兄ちゃんがはまりました。
    何を言っているのかはわからないけど
    音の響きがおもしろく
    二人で交代読みをするとお話ししているみたいです。
    お兄ちゃんは自分で言葉を作って遊んでいました。
     
    8ヶ月の娘も大喜び。
    言葉に合わせて、本をとんとんたたいたり
    体を動かしたりと楽しんでいます。

    親子で読むととっても楽しい本です。

    投稿日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爆笑!!

    この絵本子供はとっても気に入っていました!!でも…大人はとっても読みにくいです。意味のない感じの言葉の羅列なのでなんだか頭が混乱してきそうです!!子供は何回も読んで読んでってせがんでくるくらいハマっていました!!

    投稿日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かみます(汗)

    たくさんかみましたが、子どもには大うけでした!
    後からたどたどしくも、一人で読んだりしています。
    読み聞かせるときには多少絵からお話を(勝手に)判断して
    宇宙人の会話的に読みました。音を楽しみ、抽象的な絵から勝手に創造する物語を楽しみ、なんだか面白かったです。

    投稿日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙語?

    こんな絵本は初めてかもしれません。

    まるで宇宙の言葉のような不思議な響きです。

    子供達も、その言葉とカラフルな絵でお気に入りの本になりました。

    繰り返し読むことをねだられるのですが、読むたびにリズムや音程が変わってしまうので、飽きることがないです。

    投稿日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わぬ反応が!!

    出産した産院の赤ちゃんふれあい教室で紹介してくださった本でした。
    まだ3ヶ月になる前で、絵本なんてまだ早いかな、なんて思っていたところ、前でスタッフの方が読んでくれているのをまねして繰り返してみると、
    目をまんまるにして体を揺らして喜んでいる様子!!
    ちゃんとわかってるんだぁ、と思ってさっそく購入して
    読み聞かせるようにしました。

    ぱ行ばかりのオンパレードで読みにくいんです・・・。
    でも、リズムをつけて読んだり、高い声や低い声、ちょっと
    おもしろく読むと喜びます。1ページを何回も繰り返しても
    飽きない様子です。

    落書きのような絵(失礼かな)にも夢中です。

    絵本を読み聞かせるって、真面目に読むより、ちょっと
    ママもいい意味でバカになっておもしろく読んでみるのも
    楽しいものですね。

    投稿日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月齢が小さいうちにぜひ!

    「もこもこもこ」「ころころころ」を気に入って同じ谷川俊太郎さんの絵本ということでチョイス。

    これを最初に読めばよかった!!と激しく後悔したほど、絵本入門にぴったりな本でした。あざやかな色彩はほんと赤ちゃんの目を引きます。そして、意味不明な宇宙語?! これが恥ずかしげもなく読めるようになると、読み聞かせの入門課程修了!という感じです。「いないいないあぁ」を子供が喜ぶように読むのも最初は覚悟がいりますが、コレに比べれはまだ可愛い覚悟です。

    もっとはやくであっていたら、と思う1冊でした。

    投稿日:2010/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / あおくんときいろちゃん / おでかけのまえに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット